2016年12月19日

発表会おわった。

( ´ω`){コニチハ


昨日、発表会でした。


なんか、前日と、当日の会場へ向かう道中、課題曲を延々聞き続けていたんですが.....いろいろ考えすぎて気分が悪くなっちゃって(笑) 会場についたら、ようやく肝が据わりました(と言うか『観念しました』)。


本番は....細かい単純なミステイクは「やっちまったもんは仕方がない」っていう感じで受け流すとして。全体的には、『毎週90分しか練習していない』という現状を考慮すると、まあまあの程度の仕上がりなのかな、という、そこそこの納得感。特に「よくやった!よくできた!」とも思わないけど、かと言って「あーアカンかったなあ」と落胆するほどのものでもなく。


今後の参考として、忘れないうちにポイントを書き留めておこうと思います。


今回の課題曲は、アデルの『All I Ask』です。終わりを迎えるひと組のカップルを描いたバラード。この歌の主人公が自ら「あ、もう終わりなんだな」と、自分達の関係を悟っているような状況です。気持ちを整理して次のステップに進めるように、せめて最後はキレイに別れたい。この恋を教訓にしよう.....といったストーリー.....と、こうして書いてるだけで心が痛くなってきますが(沈)



●サポートの方に助けられた感、多し。
この曲は、最初は抑え気味でスタート → じわじわ盛り上がる → 転調してさらに盛り上がる → やや落ち着いてエンディング、という、曲の構造としては完全に『バラードの王道』パターンです。


レッスン中に「このへんからもっと盛り上がってー.....」みたいなアドバイスをいただいて。また、レッスン外では、自分で分析したり、映像を見てみたり、あれこれ試しながら練習してみました。が、いざ本番となると、なかなか細かいところまで神経が行きわたらないワケで(--!)


でも今回は、サポートで演奏されていた皆さんに、その道筋をうまーいこと作っていただいたような気がしました。おかげで私、それに乗っかって「わーーーー、なんか盛り上がってきたー!!」って、妙にテンション上がってしまって(笑) ただ、盛り上がってきた事に気持ちが持っていかれすぎて、無駄にリキんで音を無理やり押し出しちゃったところもありました。


普段から誰かと一緒に演奏するという機会を持たないと、こういった時の気持ちのコントロールって、なかなか攻略しづらいと思います。他の人にノセられて気分が高揚しすぎた事で無理が出てしまう....あるんですね、こういう現象って。今回初めて体験したような気がします。自分をその場の空気に委ねつつ、でもコアは崩さない。結局はバランスなんだな、うん。



●自分の音を聞く
今回は、演奏中、なるべく自分の音を聞くように心がけました。普段は、視覚から受ける情報に支配される傾向が非常に強くて、レッスン中だろうが何だろうが、なんらかの情報が目から入ってくると、そっちばっかりに気が行ってしまう(困) なので、視覚優位になってきたと感じたら、視覚をシャットアウトして、自分の音に集中する。その繰り返し。ところどころ悪いクセが出たりもしたけど、その都度修正しようと試みる事ができたのは良かったかなと思います。ただ、低音部の出し方には、まだまだ修正の必要アリ。喉を開けて息を「ハーッ」と出す。ソローッと怖々出してる場合じゃない(苦笑)



●姿勢
視線も重要ポイント。視線が落ちそうになる度に、まっすぐ前(もしくはちょっと上ぐらい)を見るように心がけました。これは結構できていたかも....と思います。本番中、度々顔を上げ直している自分の事をとても鮮明に記憶していますし(笑)しかしながら、顔を上げたところで姿勢が猫背とか前かがみのままだと意味がない....つまり、胸腔が閉じたままだと体にちゃんと空気が入らないので、いい音は出ない。結局のところ、顔を上げるというよりは「いい姿勢で」という意味合いが強い。やっぱりこういう習慣を身につけようと思ったら、年単位で時間がかかるもんですね〜。もともと猫背気味なので、余計に厄介(切実感)



今年は、これまでとはまったく違った視点からサックスと接してきました。(と、自分では思っています。)難しい運指やテクニックといった細かい点にこだわる事から離れて、音楽そのものや音色を味わうという、もうちょっと大きくて、根本的な視点から。更に夏以降は、少し個人的な気持ちや印象も絡めながら、音楽に触れてきた一年でした。これまでは、主観的に音楽と接する、という作業をあまりやってこなかったので、「音楽って、こんなんだったかな....」とさえ思っているほど(驚)


そんな思いがとても色濃く反映された発表会だったのではないかな、という気がします。
これまでとは違う感覚で過ごせた一日。とても充実していて楽しかったです。


センセイ、今年も一年ありがとうございました。
微に入り細に入りな分析で音楽を奏でようとする生徒....めんどくさいですよね〜!!
ホンマにスミマセン(泣)
でも、この一年の練習で、これまでとは違った景色が見えてきました。
来年もまた、そんな面倒な生徒にぜひとも付き合ってやってください....よろしくお願いします!!


posted by Amanda at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

あっちゅう間に2週間前。

( ´ω`){コニチハ


前エントリから3か月が経ちました。


また発表会の季節です。


今回ほど「気の抜けたモード」で参加をしようとしている年は、なかったんじゃなかろうか.....というほどユルユルです(苦笑)こんなんで大丈夫なのか....『とりあえず今レッスンでやってる曲でいいかな.....」みたいな決め方しちゃったし。


今年は、アデルの『All I Ask』を選びました。究極に意外な曲でしょ(笑)シンプルなバラードなんだけども、盛り上がるトコはちゃんと盛り上がって、とてもドラマティックで聞きごたえのある曲です。伴奏もピアノだけ。という事はつまり『シンプルなぶん演者の力量がものを言う』という、演者にとっては結構コワい曲。←なんでこれ選んだの私(爆)


「ふーん。こんな曲があったのかー。たまにはこういう曲を吹くのもいいかなあ」と思って、特になんも深く考えずに楽譜を買って読んでみたところ.....


サックス用に移調させると、全ての音に♯がつくという事が判明 il||li _| ̄|● il||li


「げー( ̄Д ̄;;」と思ったけど、in E♭に書き換えるの面倒だから、何回も吹いて指で覚えた(←ズボラ・笑) で、今は、フェイクを混ぜてみたり、ダイナミクスをどうするか、とか、そういったところをいろいろ試しています。


先週末、練習の時に録音してみました。


録音したのを聞くって、なんか公開処刑的な気分になるのは私だけですかね(沈)


気になる点を書きだしてみると、見事にA5判ノート1ページが、水色のペンの文字できれいに埋まってしまったという快挙(快挙かよ)


音色そのものは、この数年間ずっと重点課題として取り組んできたので、前のようなイヤな感じから(多少)抜け出せた印象はありました。その点についてはそれなりに評価できるけど。


それ以上に気になったのは、低音の扱い方がむちゃくちゃ雑なところ! 全然コントロールできてないように聞こえる。その上、怖々と音を出しているようにも聞こえるので、自信なさげに吹いてるような印象が....こんな音、吹いてる人以上に聞いてるこっちの方がコワくなってくる(苦笑)


こんな風になる理由を考えてみると.....多分、「p(ピアノ)で吹く」=「小さく吹く」と思っているところがまず大きい。実はこんなに長い年月吹いてる割には『「p」とか「pp」って書かれてたら、とりあえず小さい音で吹けばいいんちゃうん』と思ってる自分がいて.....これってアカンのですけど。で、結果、息の入れ方が弱くなる→音が細くなる→頼りなく聞こえる、っていう事に。いやいやいや、息の入れまで弱くなっちゃいけないんだ。息のスピードは変えちゃいけないんだ。


んーー。難しい。
これ、どう克服したらいいんだろ。
今後の新たな重点課題。

posted by Amanda at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする