2016年12月06日

あっちゅう間に2週間前。

( ´ω`){コニチハ


前エントリから3か月が経ちました。


また発表会の季節です。


今回ほど「気の抜けたモード」で参加をしようとしている年は、なかったんじゃなかろうか.....というほどユルユルです(苦笑)こんなんで大丈夫なのか....『とりあえず今レッスンでやってる曲でいいかな.....」みたいな決め方しちゃったし。


今年は、アデルの『All I Ask』を選びました。究極に意外な曲でしょ(笑)シンプルなバラードなんだけども、盛り上がるトコはちゃんと盛り上がって、とてもドラマティックで聞きごたえのある曲です。伴奏もピアノだけ。という事はつまり『シンプルなぶん演者の力量がものを言う』という、演者にとっては結構コワい曲。←なんでこれ選んだの私(爆)


「ふーん。こんな曲があったのかー。たまにはこういう曲を吹くのもいいかなあ」と思って、特になんも深く考えずに楽譜を買って読んでみたところ.....


サックス用に移調させると、全ての音に♯がつくという事が判明 il||li _| ̄|● il||li


「げー( ̄Д ̄;;」と思ったけど、in E♭に書き換えるの面倒だから、何回も吹いて指で覚えた(←ズボラ・笑) で、今は、フェイクを混ぜてみたり、ダイナミクスをどうするか、とか、そういったところをいろいろ試しています。


先週末、練習の時に録音してみました。


録音したのを聞くって、なんか公開処刑的な気分になるのは私だけですかね(沈)


気になる点を書きだしてみると、見事にA5判ノート1ページが、水色のペンの文字できれいに埋まってしまったという快挙(快挙かよ)


音色そのものは、この数年間ずっと重点課題として取り組んできたので、前のようなイヤな感じから(多少)抜け出せた印象はありました。その点についてはそれなりに評価できるけど。


それ以上に気になったのは、低音の扱い方がむちゃくちゃ雑なところ! 全然コントロールできてないように聞こえる。その上、怖々と音を出しているようにも聞こえるので、自信なさげに吹いてるような印象が....こんな音、吹いてる人以上に聞いてるこっちの方がコワくなってくる(苦笑)


こんな風になる理由を考えてみると.....多分、「p(ピアノ)で吹く」=「小さく吹く」と思っているところがまず大きい。実はこんなに長い年月吹いてる割には『「p」とか「pp」って書かれてたら、とりあえず小さい音で吹けばいいんちゃうん』と思ってる自分がいて.....これってアカンのですけど。で、結果、息の入れ方が弱くなる→音が細くなる→頼りなく聞こえる、っていう事に。いやいやいや、息の入れまで弱くなっちゃいけないんだ。息のスピードは変えちゃいけないんだ。


んーー。難しい。
これ、どう克服したらいいんだろ。
今後の新たな重点課題。

posted by Amanda at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする