2017年07月14日

できた♪

( ´ω`){コニチハ


おとといのレッスンにて。


前回のエントリで「覚悟しや!」と書いた上で(笑)挑んだ『リベルタンゴ』



決意どおり、ようやくクリアできました (lll´Д`)(lll´Д`)ハー ←安堵




センセイも別途レッスン記録をつけておられるそうで、「Amandaサンのところ、『リベルタンゴ終わる!』って書いてある....ビックリマークつきで」と、おっしゃっていました(笑) 記録どおりになって良かったです。ホッ。


これねー、実は『アルト1』『アルト2』『テノール』というトリオ用のアンサンブル譜を使っていたんです。3人のグループレッスンなら、それぞれが各パートを受け持って、そこだけ集中すりゃいい話なんですけど、私は個人レッスンなので、アンサンブル譜を使う時は


●基本的には主旋律パートを吹き続ける。
具体例@:
主旋律の演奏者がアルト1からアルト2に移り、その間アルト1が休符である場合は、私がアルト2を吹く。
具体例A:
主旋律の演奏者がアルト1からアルト2に移り、その間アルト1もハモりで演奏する場合は、そのままアルト1を続行する。

●各パートのアドリブ箇所は全て請け負う。
具体例:
アルト1、アルト2、テノール用として各々8小節ずつの書きアドリブがある場合は、私が3パート全てを吹く。


....というルールの下で演奏しているんです。これが意味するのはつまり



休みがない il||li _| ̄|● il||li




私1人で3パートを請け負うので、全編通じてほぼ吹きっぱなしなんですね。



そのうえ、この『リベルタンゴ』の楽譜が実に長い。



10ページありました(´∀`)アハハ/\/ \



ページをめくる猶予さえないので、楽譜をコピーしてテープで貼り合わせて、譜面台を等間隔に3台立てて、そこに譜面をベローンと広げて、私が左から右へ歩きながら演奏するんです。これ実話(大笑) 楽譜を広げてみたら、私の身長(161cm)より大幅に長かったです(;・∀・)


そんな感じで持久力を試されるこの曲、7ページ目(8ページ目だったかな?)の3段目から次ページの1段目にかけての2小節だけが、私にとって唯一のまとまったお休み。いやホンマですって! 本気で休みなしなんですから! おまけにアーティキュレーションがひたすら激しいため、小休止の3小節前を迎えると、それまでの吹き続けの影響で必ずと言っていいほどヨダレが垂れそうになるっていう(爆)


で、小休止のあとは最後まで吹き続け。最後は高確率でミスリードしやすい「High F♯」でフィニッシュ。鬼ですよホンマ。鬼(笑)


....と、こういった要素を抱えながら、さらにはなかなか指と耳に馴染んでこない難解なフレーズが随所に散りばめられているという、なんかもうどうしたらいいのー(ノω・、)的な感じで。


なんなのこの曲。
「リベル」にも程がある(笑)



そんな構成だったので、結局ノーミスで吹き切る事は一度としてかなわなかったのですが、慣れてくるとだんだんピアソラの世界を味わえるようになってきたというか。「ラスト1回。これで吹き納め!」の時も、ちょいちょい間違えはしたけど、その都度キッチリ立て直せたし、それ以上になんだかすごく楽しくて、体の中にジワッと充実感が広がっていくのがわかりました。センセイに「よくぞ持ちこたえた」って言っていただけて嬉しかったです(笑)


大変だったけど、久々に大きな達成感を味わえたような気がします。


次回のレッスンからは、葉加瀬氏の『Asian Roses』です。ヴァイオリンの曲なので、サックスで吹くには音域的に限界があったりもしますが、そこはオクターブ上げて(もしくは下げて)調整しながら取り組んでみたいと思います。


posted by Amanda at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

丸2か月。

( ´ω`){コニチハ


前回のエントリから約2か月が経過.....


実はまだ『リベルタンゴ』やってるんです( ;゚Д゚)( ;゚Д゚)( ;゚Д゚)( ;゚Д゚)遅!!


5月は舞台を観に行く機会が多く、それに加えて田植え関連の作業が重なったため、練習が進まずこんな事態に.....(沈) 1曲に2か月もかかるなんて、なかなかのレア現象。でも、できてないんだもんねえ。もどかしくて「ムキー!!!(メ`皿´)」ってなるけど、かと言って途中で放棄するのは性に合わないし、そもそも放棄する理由もないし(笑)


そんなこんなで、諸々が落ち着いた6月半ばからようやく本格的に練習を再開しました。前回のレッスンでは、やっとこさ9割近くの完成度まで持っていけたわけなんですが、あり得ない事に前回のレッスンでは



口内炎でマッピをまともにくわえられない




という事態に見舞われ(痛)


近年にない巨大な ― 実測で1センチあったし(爆) ― の、しかもなんか上下逆さの紀伊半島みたいなデザインのヤツが、下唇の裏側に。モロにアンブシュアで使う場所なので、あまりの痛さに最初は音さえ鳴らなかったほど。そんなんで納得のいく演奏なんて、できるわけないし!


次回のレッスンで必ず完成させてやる! 覚悟しや!と、まるでミタムン王女(from『王家の紋章』)のようなセリフをブツブツとつぶやきながら週末練習を実施中です。


んー、でも、実はですね.....練習期間が長すぎて、



『リベルタンゴ』ちょっぴり飽きてきた(爆)



飽きるほど練習したんかい、とツッコまれると、それもそれでアヤしいところなんですが(いや、そんなにしてないよ多分 ← 潔く自己申告)、とにかく鬼のようなアーティキュレーションと難解なフレーズのオンパレードなので、なんかこう.....冷静に考えてみると.....



もはや『ピアソラの世界を味わう』んじゃなくて、『ピアソラの音楽を攻略する』っていう気持ちが勝っているような気がします(;・∀・)



あかん〜〜〜〜
『攻略』とか思ってる時点で、それは音楽とは言えない〜〜〜ll(-ω-;)lllll




明日予定している週末練習では、いっぺん気分転換を兼ねて、アーティキュレーションを一切無視して自由に吹いてみようかな。だって『「リベル」タンゴ』なんでしょ。自由なタンゴなんでしょ。フリーダム。いーじゃない。なんか楽しそうだし、明日の週末練習でやってみよう。


実は、『リベルタンゴ』の次に取り組むお題、もう決めました(早!笑)せっかくタンゴをやったので、もう一曲ラテンをやりたいなぁと思っている時に偶然耳にした葉加瀬氏の『Asian Roses』です。これ、なーんか聞いた事あるなーと思ったら、シャンプーのCMソングだったんですね。曲の雰囲気と音域を考慮してソプラノを使う予定なんですが、持ってるのが「in C」の楽譜なので、ソプラノ用(= in B♭)に読み変えないと....( ̄Д ̄;;


楽譜をソプラノ用に書き替えるの、面倒だなー。
暗譜できるなら、書き替えの手間が省略できるけど
なんかけっこう難しい箇所あったな.....覚えられるかな......(-公-!)
うぃー(悩)

posted by Amanda at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする