2010年11月11日

おニューのマッピ。

( ´∀`){コニチハ


昨夜のレッスンで、『Chicago Song』の演奏サイズを確定させました。随分長めの演奏時間(7分はあるのでは?) しかも、ほぼ吹きっぱなし.... il||li(つ∀-;)il||li


息持つんだろーか?
って言うか、持たさないとねえ(苦笑)



レッスンや週末練習の時は、いつもCDに合わせて吹いていたんですが、昨日は、本番用にセンセイが作ってくださった伴奏譜の確認も兼ねて、センセイの伴奏に合わせて吹いてみました。


いつもと伴奏が変わると、なんかものすごいミョーな緊張感が....(汗)


いかに普段、自分がCDの伴奏に頼って吹いてるのかがわかりました llllll(-ω-;)llllll


とにかく、少々の事では動じずに吹ききれるようカラダに染み込ませるのみ、といったカンジでしょうか。



ところで、新しくAmandaサン一家の仲間入りを果たしたマウスピース『Theo Wanne』




101111a.jpg
こんなんです。





ピカピカでしょ(*´∀`)



本体もゴールドだし、マッピもゴールド。トータル・コーディネートってカンジで(笑)、全身ゴールドになりました(豪華に見える....)




101111b.jpg
リードを外すと、こんなカンジ。





息の通り道がむちゃくちゃ広いので、息を入れたら入れた分だけガンガン鳴ってくれます。ものすごパワフル♪ あと、リガチャー(に相当するもの)が、ネジ(?)で直接マッピに固定されているんです。付属の専用ドライバーを使って、お好みの位置に固定して使う、というスタイル。ネジの位置はまだ変えた事がないのですが、変えるとやっぱり音色も変わるんでしょうかねえ。


アタシが購入したのは「KALI」というタイプで、バリバリ鳴るパワフル系の部類なんだそうです。他にも「DURGA」「AMMA」「GAIA」というタイプもあるそうで、それぞれ音色に個性があるようです。


音のパワーに負けずとも劣らず、お値段もダイナミック(苦笑) でも、すごーく気に入ってます♪ 何度か練習で吹いていくうちに、ちょっとずつ慣れてきて、息もたくさん入れられるようになってきてるような気がする....かなあ。相性のいいリードを早く見つけてあげたいなあと思います( ´ω`)♪


posted by Amanda at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック