2006年11月30日

新しいコ。

とうとうウチへやって来ました.....


061130.jpg


ソプラノサックス*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


カワイイなんてもんぢゃなく、もうすっかり


溺愛揺れるハート(笑)


おとといはスタジオを借りて2時間、昨日は家で1時間ほど一緒に遊んでました。まだまだ慣れないので、恐々扱ってる部分もあるんですが、とにかくいいコです。何よりも軽くて持ちやすい。アルトってやっぱり大きかったんだなァって、改めて思いました。


ちょっと細かいハナシになりますが、今回新しくアタシの子分(!?)になったのは、『ヤナギサワ』という日本のサックス・メーカーが製造している『S-902』というブロンズ・モデルです。ウチのミス・キャンディ(=アルト・サックス)もヤナギサワ製なので、言ってみれば姉妹みたいなモンですね。これまで他にも3つのメーカー(セルマー、カドソン、ヤマハ)が製造しているソプラノを試奏してみたんですが、アルトで使い慣れているという事もあって、やっぱりヤナギサワがいちばん馴染み良かったんですよね。


で、同じヤナギサワの中でも、いくつかのソプラノ・モデルがあるワケなんですが、このS-902は完全に


ひと目ボレ


ではなく


ひと吹きボレ


でした(笑)


音色がねー、かーなーりーアタシのストライク・ゾーン入りまくりだったんです
(* ̄m ̄*)うぷぷ 『とろけるチーズ』のようにトローリとした、それでいてちょっとレトロっぽくて、お上品なカンジ。まだキチンとコントロールできないんだけど、うまく音がスコンと出た時は、そりゃーもうゾワゾワッと身震いしちゃうぐらいの美声がするんですヨー(*´∀`) ラッキーにもAmandaサンの予想してた予算とピッタリだったので、「もう絶対このコ♪♪」ってカンジでした。


そんなカンジで、すでにかなりの親バカぶりを発揮しているAmandaさん(;´Д`)ノ 買ってからずっとソプラノばかりと遊んでたんですが、昨日あたりから異様に『アルト吹きたいモード』....あー.......アルトが呼んでる........(笑)

このぶんなら、アルトに対する気持ちも薄れることなく、気長にずっとやっていけそうでするんるんるんるん


【関連する記事】
posted by Amanda at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | プララさんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぉーーーっ!その気持ち良く分かります。やっぱソプラノ?(爆)
つうか、やっぱりブロンズっ!!いいにゃ〜♪
購入おめでとうございます。
きっと一生のお友達になると思いますよ〜。(笑)
特にソプラノは高音域が命だと思っています。(ほんとは音色とピッチが命だけど。爆)
あと両楽器に慣れてくると、なぜかどちらも音色が似てくるんですよね。ふしぎ。
お互いこれからも頑張りましょうね!(笑)
Posted by キャットてぃる at 2006年12月01日 00:48
ありがとうございます!! ブロンズいいですよぉ、見てるだけで、あったかい気分になります♪

案外コントロールが難しいですねぇ。高いFやF♯は『ズボーッ』って鳴る時があるし、鳴ったと思ったらピッチがアホほど高くて、F吹いてるハズなのにチューナーはF♯を表示してたり....(爆)

でも、もともとの音色がステキだから苦労もいとわないってカンジです(笑)またいろいろ教えてくださいね、先輩っっ!!(^o^)/♪
Posted by Amanda at 2006年12月01日 08:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック