2017年01月10日

今年もぼつぼつ。

( ´ω`){コニチハ


2017年です。
あけましておめでとうございます。


今年はソプラノからスタートです。お題は『Part of Your World』....「リトル・マーメイド」の曲です。私がDisneyをチョイスって珍しい(笑)


@昨年、日本武道館で見た、いわゆる「ミュージカルいいとこどり」的なステージで
この曲が歌われていて、とても印象的だった。
Aネットで楽譜を見つけた。

以上の2点が選曲の決め手となりました。


ほぼ1年ぶりのソプラノなんですが.....


いやー、吹きにくい il||li _| ̄|● il||li 苦笑


この週末にソプラノで練習をしました。ソプラノの感覚を取り戻すのにひと苦労....ソプラノを吹くといつも、アルトがどれだけ吹きやすいかってのがよくわかるのねー。


ここんところずっとアルトでアンブシュアを重点的にトレーニングしていたので、それをソプラノにも応用させると結構いいなあ、という事を(今更ですが)発見しました。以前と比べると、ソプラノ特有の『音が「ケロッ」ってひっくり返りやすい』現象の発生率が少し減りましたし。口腔内を広く保って吹くと、なんだか音が出やすいような気がします。以前はこの『口腔内を広く保つ』という意識が薄く、一時的にできてはいても持続させる事がほとんどできなかったのですが、意識がだいぶんと刷り込まれた今では、「ああこういう感触なのか」と、自分で理解する事ができています。いい事です、ハイ。決して楽しいとは言えない地味な練習も、どこかで必ず効果が表れるんだな、と、こういう時にすごく感じさせられます。


その他の私的ポイントとしては、『この曲は地味にグリスが多め』だってことでしょうか(泣) グリス苦手なんですよねー。音の粒がそろわないし、ひどい時は音が抜けたりするし....特に中音域の「ド→レ」とか、♯や♭がついている時....一気に指のポジション・チェンジを行わないといけないので、指に注意が必要。でもそれだけではなくて、息の入れ方も全ての音に対して均一じゃないといけない。指と呼吸に対して同じぐらいの注意が必要なのに、どちらかがおろそかになってしまって、結果、微妙な仕上がりになるんだと思います。


薬指って動かしづらくないですか?私の薬指、ツッコミ入れたくなるほど動きが鈍いんです(笑) 特に左手....「ファ→ラ」「ソ→シ」がもう全然で....薬指と中指が同時に上がらないから、「ファ(ソ)ラ」「ソ(ラ)シ」って、真ん中の音がきっちり聞こえてくる....(苦笑)


そんな感じで指に対して多めに気を取られるから、息の入れ方が均一じゃなくなっちゃう....今はそんな状態です。何より「息が入ってないな」って、吹いててすっごい自覚ある(←その時点でアウトやろ・苦笑)


自分の息の入れ方が数値化されてグラフで見えるアプリケーションとか、ないかなあ。
あったら欲しい.....(lll´Д`)
posted by Amanda at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック