2017年07月14日

できた♪

( ´ω`){コニチハ


おとといのレッスンにて。


前回のエントリで「覚悟しや!」と書いた上で(笑)挑んだ『リベルタンゴ』



決意どおり、ようやくクリアできました (lll´Д`)(lll´Д`)ハー ←安堵




センセイも別途レッスン記録をつけておられるそうで、「Amandaサンのところ、『リベルタンゴ終わる!』って書いてある....ビックリマークつきで」と、おっしゃっていました(笑) 記録どおりになって良かったです。ホッ。


これねー、実は『アルト1』『アルト2』『テノール』というトリオ用のアンサンブル譜を使っていたんです。3人のグループレッスンなら、それぞれが各パートを受け持って、そこだけ集中すりゃいい話なんですけど、私は個人レッスンなので、アンサンブル譜を使う時は


●基本的には主旋律パートを吹き続ける。
具体例@:
主旋律の演奏者がアルト1からアルト2に移り、その間アルト1が休符である場合は、私がアルト2を吹く。
具体例A:
主旋律の演奏者がアルト1からアルト2に移り、その間アルト1もハモりで演奏する場合は、そのままアルト1を続行する。

●各パートのアドリブ箇所は全て請け負う。
具体例:
アルト1、アルト2、テノール用として各々8小節ずつの書きアドリブがある場合は、私が3パート全てを吹く。


....というルールの下で演奏しているんです。これが意味するのはつまり



休みがない il||li _| ̄|● il||li




私1人で3パートを請け負うので、全編通じてほぼ吹きっぱなしなんですね。



そのうえ、この『リベルタンゴ』の楽譜が実に長い。



10ページありました(´∀`)アハハ/\/ \



ページをめくる猶予さえないので、楽譜をコピーしてテープで貼り合わせて、譜面台を等間隔に3台立てて、そこに譜面をベローンと広げて、私が左から右へ歩きながら演奏するんです。これ実話(大笑) 楽譜を広げてみたら、私の身長(161cm)より大幅に長かったです(;・∀・)


そんな感じで持久力を試されるこの曲、7ページ目(8ページ目だったかな?)の3段目から次ページの1段目にかけての2小節だけが、私にとって唯一のまとまったお休み。いやホンマですって! 本気で休みなしなんですから! おまけにアーティキュレーションがひたすら激しいため、小休止の3小節前を迎えると、それまでの吹き続けの影響で必ずと言っていいほどヨダレが垂れそうになるっていう(爆)


で、小休止のあとは最後まで吹き続け。最後は高確率でミスリードしやすい「High F♯」でフィニッシュ。鬼ですよホンマ。鬼(笑)


....と、こういった要素を抱えながら、さらにはなかなか指と耳に馴染んでこない難解なフレーズが随所に散りばめられているという、なんかもうどうしたらいいのー(ノω・、)的な感じで。


なんなのこの曲。
「リベル」にも程がある(笑)



そんな構成だったので、結局ノーミスで吹き切る事は一度としてかなわなかったのですが、慣れてくるとだんだんピアソラの世界を味わえるようになってきたというか。「ラスト1回。これで吹き納め!」の時も、ちょいちょい間違えはしたけど、その都度キッチリ立て直せたし、それ以上になんだかすごく楽しくて、体の中にジワッと充実感が広がっていくのがわかりました。センセイに「よくぞ持ちこたえた」って言っていただけて嬉しかったです(笑)


大変だったけど、久々に大きな達成感を味わえたような気がします。


次回のレッスンからは、葉加瀬氏の『Asian Roses』です。ヴァイオリンの曲なので、サックスで吹くには音域的に限界があったりもしますが、そこはオクターブ上げて(もしくは下げて)調整しながら取り組んでみたいと思います。


posted by Amanda at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック