2012年02月15日

思い出した。

( ´ω`){ドウモ


お久しぶりでございます。


今週から来週にかけて、キャンディねえさんの来日ツアーが開催されています。とりあえず(←『とりあえず』という事は、当然のごとく他の日にも行くわけで・笑)初日の名古屋公演に行ってきました。



ところで、ちょっとハナシがそれますが



今年に入ってから、自動車教習所に通い始めまして。



今や私の生活は、かなりの割合で教習所関連に重きが置かれています。なので、どうしてもサックスの練習が後回しになりがち。全然練習しないままレッスン日を迎える事も度々で、練習できても1時間だけとか.....「こんなん、練習ロクにしてへんのに、レッスン行ってもムダやん」って思う事も多く、さすがにちょっとつらい。それでも仕事やら家事やらに支障をきたすのはマズいので、結果、かなりいっぱいいっぱいの状態で毎日が過ぎていってる状態。(これでまだエアロ指導まで続けてたら、ぶっ倒れて病院で点滴の針刺されてたかも・爆)


先週にいたっては、レッスン前のウォーミングアップ中、とんでもねー睡魔に襲われて、あろう事かしばらく記憶が飛んでしまったりもしました(爆)


そんなこんなで今、けっこう精神的に負けちゃってて、楽器から気持ちが離れてるなって、自分でもはっきりわかるほど。



(-公-!)



そんな気持ちがしばらく続いてる中で始まった、ねえさんのライブツアー。



なんか.....とてもありがたいです。



楽しそうに演奏してはるのんを見て



「あーそう言えば私、ねえさんのあんな姿に憧れてサックス始めたんだったな」



って、改めて思い出しました。



あんなふうに吹きたいなーって、思ってたんやったわ。



音楽は楽しいもんやって事を、久しぶりに感じたような気がしました。



posted by Amanda at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

発表会の真剣なウラ話。

★このエントリは、発表会の番外編です。本編は、ひとつ前のエントリをどうぞ


今年は、演奏後に、司会進行も務めさせていただきました。発表会は3部構成で、私は第3部を担当する事に。


「司会やってくれへんかなあ?」と頼まれて、「いいですよー」と軽くお引き受けしたのはいいんですけど、



司会進行って、難しい llllll(-ω-;)llllll



スタジオインストラクターを長年やっているのもあって、マイクの扱いには慣れているし、その場の雰囲気や状況次第で対応を変えるのも、レッスン中ではよくある事。そんな感じで、司会進行とエアロのレッスンとは、けっこう似ている面があります。


それでもやっぱり、マイクの扱いに慣れているだけじゃ務まりきらない部分も多くて。


プロとして司会やDJをなさっている方が、第1部の司会進行をされていたのですが.....やっぱりスゴい(←プロの方にこんな事言うの、すごい失礼なのですが....)場の納め方とか、声のハリとか、立ち居振る舞いとか、もう全てがスゴい。


あー、プロってすごいな.....って思いました。


司会なんてやった事のない私に、高いレベルの司会進行を求めてる方なんて、多分いなかったと思うし、「無事に最後まで進めてくれたらいいよ」ぐらいのノリで、私に任せてくださったと思うんです。そういうレベルでの司会進行、という意味なら、おそらく私は期待にお応えする事ができたと思います。


けど、なんかこう.....自分の中ですごくモヤモヤが残ってるのも事実で。


もっとこうしていればよかったのかな、もっとああしておけばウマくいったのかな、って、今もまだそんな事考えてる(別に誰もそこまでやれなんて言ってないはずなのに・苦笑)


なんか今回は、演奏よりも、司会進行から受けた影響の方が大きいような気がする(笑)


でも、すごくいい経験だったし、いい勉強になったと思う。
どこかでこれを活かせたらと思います。





posted by Amanda at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

今…

練習しに来てます。


が、


45分ほど経ったあたりから、まったくと言っていいほど集中できなくなりあせあせ(飛び散る汗)


なんでやねん(!´Д`)


これだけ集中できへんかったら、もう何をやってもムダだなこりゃ。


というわけで、とりあえず実況中継…


もういいや。やーめた(苦笑)
posted by Amanda at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

昨日の夜の出来事。

( ´ω`){ウース


ちょっとだけ、昨日のレッスン・レビュー。


マイナーセブン・フラットファイブ
→既定テンポ80まで、もうひといき。上がりはいいけど、下がりが難しい。もうちょっと要練習。


『Take the A Train』
→週末練習の進み具合から、もう一週間持ち越すかなあと思ってたんですが、意外にすんなりオッケーが。


次回からのレパートリー課題は『Spain』です。前回はソプラノで練習しましたが、今回はアルトで。楽譜もキーも変わって、心機一転なカンジです。


ところで。


昨日は一日中、雨だったんですよねー。でも幸いにして、アタシがレッスンから帰る時、雨は止んでました。「じゃ、今のうちに♪」とばかり、いそいそと家路につくAmandaサン。


しかし、そこでハプニングは起きた(じゃーん)



昨夜のAmandaサン、ずいぶんと履き古されたブーツを履いてまして。靴底がかなり磨り減っているので、地面が濡れてると、結構すべるんですよねー。



で、人気(ひとけ)のない坂道を歩いて下ろうとしたその時.....










踏み出した右足が滑った。










その時アタシは、右肩にカバン、左肩にサックスケースを担いでたんです。


いつもだったら、慌ててバタバタッと足を動かして、転ぶまいと踏ん張るんですが、それよりも何よりも「キャンディが変な風に落下するとマズい」という意識の方が強く働いたらしく。



何の抵抗もしないまま、滑るに任せて、こんな状態でスーッと地面に着地。










100602.gif










ハードラーズ・ストレッチ体位!!!!!笑











もちろん、両肩にはカバンとケースがかかったままの状態です。


そして、この体位のまま、20cmほどスライド。。。。。


キャンディは無事でしたが、履いていたパンツの右膝部分が破け、右膝を思いっきり擦りむいたうえに、肉の一部が掘れるという、ちょっとしたオカルト・テイストな出血劇を繰り広げた昨日の夜〜♪


破けたのが、ユニクロの安価なパンツでよかったです(笑)

posted by Amanda at 17:20| Comment(4) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

祝、なのか?

( ´∀`){コニチハ


今月から突入




10年目






(((( ;゚Д゚))) ソンナニナルノー




驚くばかりです。



ウチのキャンディも、ずいぶんと減価償却したような年数ですが(←ヘンな基準・苦笑)


とにかく、最近は記録を書き留めるペースもすっかり落ちてしまっていますが、練習は、変わらず細々と、それでいてコンスタントに続けております、ハイ。今は、7thコードのエニーキーとか、half diminishコードのエニーキーだとか、そういうのんを再びコッテリとやらされている挑戦しているところです。ずっと前に練習したけど、もうすっかり忘れちゃってるし(;´Д`)アハハ


んま、忘れても、また練習して思い出せばいいワケで。


最近、いい意味でそんな割り切りがアッサリとできるようになりました。前までは「また忘れてる〜〜(-公-!)」って、しょっちゅう自分にイライラしてたけど、なんかもう、「あー、ま、いっか」みたいな(大きく構えられるようになったのは、歳とった証拠か・大笑)


レパートリーは、『Desafinado』が終わって、次回から数年ぶりの『Take the A Train』です。前回やったのとは楽譜が違うので、前回とはどう違うのかも楽しみ♪


さてさて、10年目の今年度....別に10年目だからってどうこういうカンジではなく


・とにかく基礎をキッチリ練習する。
・歌うように吹く。
・アドリブ怖がらない!



の3本でーす。(サザエさんか)



特にアドリブは、なんと言っても最後は気持ちの問題がキーポイントだと思うので、とにかく尻込みせずに、思い切ってやる。間違っても気にせずにやる。なんでもいいからやる!


テクニカルな面ももちろんだけど、それ以上に「弱気にならない!」というメンタルな面の方を強く意識してみようかな、という気になっています。


10年生、どうなるのかなー。


posted by Amanda at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

発表会レポート・前編

☆案の定、前後編の2本立てになっちゃいました(苦笑)こちらは前編です☆


( ´ω`){オイース


今年の発表会も、あっと言う間に終了し(てしまい)ました....練習期間中、『Chicago Song』100回以上聞いたはず(どんだけ・笑) 今日からはもうレッスンで『Chicago Song』吹かないんだって思うと、なんだかとても寂しい気分(ノω・、)


それでは、そんだけしゃかりきに(!!)練習した3曲の復習(!?)を順番に。あ、ちなみに、全曲ちゃんと暗譜しましたよー!


***************

☆情熱大陸☆


順番としては、アタシにとってはこれが1曲目の演奏曲目でした。実はですねー、これ.....



けっこう吹き間違ったんです(爆)



でも、知らーん顔して「アタシ全然間違ってへんでー。余裕で吹いてんねんでー」みたいなカンジで吹き通しました(演奏メンバーの皆さんスミマセン・汗)


あと、一週間前に出た「タマゴ(型のシェイカー)持ってる人は、本番で使うので持って来てくださーい」というお達しのとおり、タマゴ持ってシャカシャカしましたよー♪ 意外にこれ、リラックス作用があるのかもしれません。スゴく楽しい気分になれたし、いつもよりノッて演奏できたような気がします。演奏後、その様子を客席から見ていた友達に「めっちゃノッてたなあ'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、」とツッこまれ....(笑)うん、ホンマにね、めちゃ楽しかったんです(アハハ)多分、このリラックス加減が、あとの2曲にもいい影響を与えていたのではないかなあと思います。おかげでそんなに緊張しなかったしね。 演奏中にシェイカー振るのん、けっこうオススメ!(*゚∀゚)ノ


『情熱大陸』は、同じ教室でサックスを習っている6人でのアンサンブル演奏だったのですが、やっぱり大人数だと、音の圧が違いますねー。吹いてても「おっ、すげー。分厚い!」と思えましたし。あと、普段から顔見知りの方と一緒に演奏するのって、めちゃ楽しい♪ 個人演奏も楽しいけど、アンサンブルもいいですよねー。いつもは個人レッスンだから一人で黙々と吹いてるだけに、大人数だからこそ味わえる楽しさも、スゴく新鮮で♪


また来年も、このメンバーでやりたいなぁ( ´ω`)


***************

☆Pick up the Pieces☆


アタシはサポート的な立場だったので、ソロのパートはナシ。ハモリやリフを吹くのが中心だったんですけど.....これもまた、むっちゃくちゃ楽しかったです!振付、ウマくいってたのかな?(こればかりは、自分では見えないからねー)


『Chicago Song』もそうだったけど、この『Pick up〜』も、伴奏がすごくカッコ良かったんですよー!!(例年以上に今回は、伴奏に気持ち良くノセられたような気がします♪)主役のガールズ2人が、スゴく頑張ってソロを吹いてました(´∀`)b 練習の時もスゴくウマかったけど、本番はその時の数倍イケてる演奏で♪ あんまりにも楽しくて、「この時がこのまま永遠に続けばいいのに」って、本気で思いました(笑)


演奏後、毎年この発表会でお会いする方から.....





「君ら、ちっちゃいギタピスやな(ニヤ)」





....って言ってもらえたのも、すごく嬉しくて(大笑)



この曲のおかげで、ちょっとだけですが、吹きながら動けるようにもなりました♪ カラダでリズムを取る事にも慣れたし....これはアタシにとって、すごく大きな収穫です。


今回、偶然このガールズ・グループのお手伝いをする事になったのですが、すごく楽しませていただきました♪ 声をかけてもらえて、ホントに感謝感謝!です。ガールズの2人も、ホントにありがとう☆ また一緒に吹こうねー!


....あ、やっぱりなんか長くなってきたので、後半へ続く(汗)

posted by Amanda at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

I made it!!

発表会、無事に終了しましたー。





明日、普通にレッスンあるのに.....








燃え尽きました(笑)







明日、何するんだろ.....やっぱり地味にハーモニックマイナースケール?(笑)

詳細はまた書きまーす。

posted by Amanda at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

おニューのマッピ。

( ´∀`){コニチハ


昨夜のレッスンで、『Chicago Song』の演奏サイズを確定させました。随分長めの演奏時間(7分はあるのでは?) しかも、ほぼ吹きっぱなし.... il||li(つ∀-;)il||li


息持つんだろーか?
って言うか、持たさないとねえ(苦笑)



レッスンや週末練習の時は、いつもCDに合わせて吹いていたんですが、昨日は、本番用にセンセイが作ってくださった伴奏譜の確認も兼ねて、センセイの伴奏に合わせて吹いてみました。


いつもと伴奏が変わると、なんかものすごいミョーな緊張感が....(汗)


いかに普段、自分がCDの伴奏に頼って吹いてるのかがわかりました llllll(-ω-;)llllll


とにかく、少々の事では動じずに吹ききれるようカラダに染み込ませるのみ、といったカンジでしょうか。



ところで、新しくAmandaサン一家の仲間入りを果たしたマウスピース『Theo Wanne』




101111a.jpg
こんなんです。





ピカピカでしょ(*´∀`)



本体もゴールドだし、マッピもゴールド。トータル・コーディネートってカンジで(笑)、全身ゴールドになりました(豪華に見える....)




101111b.jpg
リードを外すと、こんなカンジ。





息の通り道がむちゃくちゃ広いので、息を入れたら入れた分だけガンガン鳴ってくれます。ものすごパワフル♪ あと、リガチャー(に相当するもの)が、ネジ(?)で直接マッピに固定されているんです。付属の専用ドライバーを使って、お好みの位置に固定して使う、というスタイル。ネジの位置はまだ変えた事がないのですが、変えるとやっぱり音色も変わるんでしょうかねえ。


アタシが購入したのは「KALI」というタイプで、バリバリ鳴るパワフル系の部類なんだそうです。他にも「DURGA」「AMMA」「GAIA」というタイプもあるそうで、それぞれ音色に個性があるようです。


音のパワーに負けずとも劣らず、お値段もダイナミック(苦笑) でも、すごーく気に入ってます♪ 何度か練習で吹いていくうちに、ちょっとずつ慣れてきて、息もたくさん入れられるようになってきてるような気がする....かなあ。相性のいいリードを早く見つけてあげたいなあと思います( ´ω`)♪


posted by Amanda at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

パーテーにて♪

( ´∀`){ドモ


サク友のサユちゃんと、合同バースデー・パーテー(という名のゴハン会)をしました。「枝豆と大根サラダがあれば、もう何も言う事ないよ〜♪」というAmandaサンの要望を聞き入れてもらい(感謝感謝〜)




舞台は居酒屋(笑)




Amandaサン、飲めないクセに居酒屋好きなもんで(;・∀・)




枝豆と、大根サラダと、その他(笑)をテーブルに並べて、たーくさんおしゃべりしてきました♪ 実に5時間....大阪と東京を往復できますわな〜(;´Д`) すごく楽しかったです。笑いすぎで涙出たぐらい(笑)


いろんな事を山ほどお話したけど、お互いサックスやってるので、やっぱり中心はサックス話。聞いてると、お互い似たようなところで悩んでるんですよねー。できなくて悔しい思いしたり、もどかしい思いしたり。


あと、吹くのが「こっぱずかしい」というハナシも(笑)


と言うのも、その時の自分の気分とか、考えてる事って、自分が思ってる以上に音に現れるみたいなんですよねぇ。


「それって、自分の『素』が出るって事なのでは....」と。


『素』全開で吹いてるって。。。。。ものすご恥ずかしくないかい!?!? だって、わざわざ見せてるワケでしょ。「ほーら、これ、アタシの『素』ですよー」みたいな(爆) まっ、これは極端な例ですが。


アタシはもともとこう見えても(←笑)『人前で感情を出す』っていうのが苦手なので、そんなハナシをしながら「あー、アタシ、もしかしてサックス選んだのは間違いだったのか!?」とも思ったりしたんですが、同時に気づいた事もありました。


考えてみればアタシ、いつもテクニックの面ばかりを気にしてるような気がするんですよねぇ。


これが吹けるようになりたい、とか、あのワザができるようになりたい、とか、そういうのばっかり気にしてる。


それもそれで大事だけども、それだけっていうのは、なんか違うような気もする。


そう言えば、ライブを見に行って、テクニック盛り盛りの演奏を聞くと、パッと聞く分には「すごい!」って感じられるけど、ずーっと聞いてると、なんとなく無味乾燥な音に聞こえてくる時、あるもんねえ。逆に、アタシでもすぐに吹けそうな簡単フレーズなのに、妙に印象に残って数日間そればっかり頭でリピートし続ける時もある。


それが、「荒削りでもいいから(笑)、気持ちを音に乗せる」っていうことなのかもしれないです。。。。。


うーん、形では見えない領域なので、文字で表現するのが難しい(汗)


明日また練習するつもりなので、オハナシしながら感じた事を、いろいろ試してみたいと思います。


サユちゃん、ありがとねえ。また頑張ろー( ´ω`)b

posted by Amanda at 12:57| Comment(4) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

マッピ探しの旅。

( ´ω`){マイド


マッピやリードには、それほど強いこだわりもなく、あれこれとっかえひっかえ、という気があまりないAmandaサン。あのマッピは音がどうだ、とか、あのマッピとこのリードの組み合わせはこうだ、とか、このマッピ試してみたい、とか、そういうのにも、イマイチ興味がなく。(いや、リバイユは吹いてみたいけど)



だって面倒なんだもん
(↑身もフタもない言い草・爆)




それに、あんまりパーツに凝るのもねえ、という気持ちが強いです。あれこれ変えるよりも前に、まず自分のスキルありきなのでは。自分のスキルが伴ってないうちからパーツに凝ってしまっても、それはあまり意味がないのでは、と思っていました。


そんなふうな考えだったので、これまで、この2本(付属のラバーを含めると3本)だけでやってきました。


・ヤナギサワメタル
もともとメタルで吹くのが希望だったので、ラバーからメタルに切り替える時に購入

・オットーリンク
とある楽器店の閉店セールで安売りしてたから、というのが主な理由ですが(苦笑)、ヤナギサワよりもシブい音が出したいという気持ちがあったので



他の方のblogを見ると、かなり皆さんマメにいろいろと試されているので、もしかしてあんまり無頓着すぎるのもアカンのやろかと思った事もありました。が、まあそのうちパーツにも興味が出てくる時がくるかもしれん。もしそんな時が来れば、その時にいろいろと試してみればいいやと割り切り、「パーツには結構アバウト(爆)」なスタンスでやってきたAmandaサン。





そんなAmandaサンが、ついに本気で『欲』を見せる(笑)





練習している曲の都合で、今はヤナメタルを使っているのですが.....特に最近、使うたびに「自分が出したい音と、ちょっと違うなあ」っていう思いが強くなってきて。なんと言うか....息が効果的に使えていないような気がする。息が詰まった感じがして、気持ち良く吹けない。その原因が自分にあるのか、マッピにあるのか、いまいちよくわからない。


そういう「息詰まり感」という点から見ると、現時点ではオットーリンクの方が気持ち良く使えるんですよね。ヤナメタルよりも息の通り道が広いからかなあ。ただ、オットーリンクを使うと、高音部がビミョーで、不完全燃焼な気持ちになってしまうのが難点。低音部はシブくて大好きな響きが得られるんですが。


....といった点を考慮した上で、今のアタシが求めているのは、



@シブい低音部が出せて
A気持ちいいぐらいパワー全開の高音部が出せて
B息苦しくない




そんなマッピです(贅沢・笑)


そんなオールマイティなマッピなんてあるのか、と思っていたんですが.....







ありました(驚)







....というのも、デュコフを試してみたくて楽器屋さんへ行ったんです。せっかくなので、その時に他のマッピもいくつか試してみまして。


その中で発見しました。


これまた.....その、あまりの試奏感の良さに、Amandaサン、取り乱しそうでした(笑)




Theo Wanneの「KALI」というモデルです。




上に挙げた条件@〜Bを見事にクリアしているだけでなく、サブトーンやらグロートーンやらといったものもサクサク出せて、挙げ句フラジオの「ラ」までもが、すんなりスパーンと出てくれたほど。音はすごくパワフルで太め。音色は、明るいけど明るすぎず、シブさもあって、アタシの好みにピッタリな音でした。




ぴかぴか(新しい)(;´Д`)感動(;´Д`)ぴかぴか(新しい)




高音部でリードミスしてしまうこともありましたが、吹き込んでいけば、そのへんは解消できるのかなあと。ただ、他のマッピと比べると、値段がお高いので(-公-!)←っていう感じなのですが....



Amandaサン、あれ欲しいです。



あれなら、ずっと使い続ける自信ある.....



欲しいよー。



買おかな。



あ、デュコフは.....KALIのインパクトがあまりに強かったので『コントロールが難しかった』という事しか記憶に残っていません(;´Д`)爆



posted by Amanda at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

今月から。

( ´ω`){ドーモー


そう言えば、今月からもう「サックス9年生」らしいです、私。



そんなに生きてるのか(;・∀・)笑



うーん.....成長してるんでしょうかねえ(謎)



なんかこう、実は最近、あんまりテンション上がらなくって(-公-!)



今は普通に基礎練習やエチュードが中心なんですが、「このエチュード練習が終わったら、そろそろアドリブ課題やな」と思うだけで、もう拒否反応めいたものが(沈)


いやーもう、これまでにブチ当たった(私にとっては大きな)壁のスケール比ではなくて、とにかくなんかもう、やる気しないと言うか。あ、こんなに露骨に書いていいのかな(汗)


まあ考えようによっては、同じ事を8年もやり続ければ、「面白い・楽しい事ばかりの時期」はひととおり通過したという事なのかもしれません。


それなりにある程度の事をこなしてきて、やり残したものと言えば、これまでにやってきた中で消化しきれなかった部分とか、さらに深く掘り下げていく部分とか、そういったところかなあという気がしています。これまでは、初心者から初級者へのレベルアップ時期であって、ここらへんからはそろそろ、初級者から中級者レベルへの変化期なのかもしれないです。簡単にステップアップできる部分はやり終えて、あとはもう「これではまだ満足できない。もう一歩うまくなりたい」と思っている自分の気持ちと(地味に・笑)延々向き合い続ける、みたいな。


あー、あんまり深く考えるとつまんなくなるだろうから、これぐらいにしとこ(苦笑)


やっぱりね、今よりちょっとでもレベルアップしていく自分の姿を見たいですから。それに、今の自分のレベルでは、まだまだ満足できませんもん。


基本的には趣味でやってるけど、「ちょっと遊びで吹けて楽しい」ぐらいのレベルは、私が求めてるものではなくて、ですね。プロの人達みたいなレベルには到達できなくても、『本気の趣味』レベルで吹けるようになりたい。そう思ってるんです(実は心の中で)


「できないー」とか「あーヘコむー」とか、ウダウダぶつぶつ言うだろうけど(苦笑)、楽しく本気でやっていければ、と思ってます。ハイ。


。。。。と、静かーに9年目の決意(笑)

posted by Amanda at 18:14| Comment(4) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

モチベーションの保ち方。

( ´ω`){トゥース


ちょっとサボり気味ですね、こっちのblog(汗)


ホントは、おとといのレッスンの覚書を載せようかと思ってました。新手の技・グロートーンで(;・∀・)←こんなになった、とかいう面白ネタもあったりするし(笑)


だけど今日は、ちょっと違う事を書きます。




どれだけ練習しても自分が進歩してるように感じられなくて、モチベーションが下がってしまった時、どうするべきなのか。




多分これって、誰しも経験する事やと思います。サックスだけでなく、いろんな事で。






私なら。。。。






しばらく練習しません(きっぱり)





「なんや、そんなんやったらウマくなれへんやないか」と思われるかもしれません。うん、確かにそうかもしれない。


もちろん、ウマくなりたいとは思ってますよ。心の底から「めっちゃウマくなりたい!」って、すごい思ってる。けどそれは、お仕事でサックスを吹いてるからではなくて、あくまで自分が楽しみたいから。そして、友達に「へー、アンタそんなの吹けるようになったの。スゴいね」って、褒めてもらいたいから(←大笑)


サックスでゴハン食べてくなら、楽しいとか嬉しいとか、そんな感情に左右される事なく必死に練習しなきゃいけないと思う。それこそ気分が乗らない時とか、体調が悪い時だって吹かなきゃいけないかもしれない。


でも、趣味でやってるなら、いったんやめてみるっていうのもアリだと思うんです。距離を置いて改めて良さがわかるっていう事、よくありますよね。「あ、こんなに楽しいもんだったんだなあ」って。それで一週間後なり、一ヶ月後なり、また「やってみたいなあ」と思えたら、改めて始めればいいと思う。お休みしてる間にレベルが落ちたって、そんなのかまやしない。一度は自分の中で消化できてるものだから、取り戻すのにそれほど時間はかからないと思うし。むしろ、改めて『吹く楽しさ』を知った状態なら、以前よりも意欲的に練習できるんじゃないかなあ、と思ったりします。


んで、基本的に毎日練習はしません。たとえ毎日練習できる環境にあっても、多分やらないです。モチベーションが上がっていて「今日も練習したい!」と思っている時なら、毎日練習してもいいと思うけど、『毎日練習する』という事をノルマにはしません。だって、あくまで趣味なんだもん。




人間関係でも言うじゃないですか。
『大好きな人でも、毎日会うと飽きる』って(笑)





だからアタシは、今の「週末の2時間半だけ」っていう練習スタイルは、自分自身けっこう気に入ってます。(本音を言うと、もう一日増やしたいんだけど、それはまあ改めて考えるとしてあせあせ(飛び散る汗))土曜日の2時間半だけしか練習できないって思うと、かえってその時間をすごく大切に過ごそうとするし、実際その2時間半は、ほぼ毎回とっても集中できてるので。どうしても納得できない時は30分延長するけど、ホントに「どうしても納得いかん(#`皿´)!」という時だけにしています。


レッスンの日と、週末の2時間半....つまりアタシは、週に2回しかサックスを吹いてないんです。この「ちょっと離れ気味」な距離感にねー、意外にいい作用があるんですよ♪ 次に吹ける時までに、「こういう吹き方ってどうなんやろ?」とか、「この曲の耳コピーしてみたい♪」とか、挑戦してみたい事をためておくんですよね。そしたら、次に吹ける日がいっそう待ち遠しくなるんです。ようやく吹ける日が来て「あー、吹きたかったよキャンディ!(*´∀`)(*´∀`)」みたいな(笑)



モチベーションを保つ方法。。。。他には。。。。。



・必ず『吹きたい曲』を最後に吹いて、スカッと爽やかな気分になって練習を終える(笑)
『吹きたい曲』=『宿題の曲』ではないです。パーフェクトに吹ける曲、もしくは三度のゴハンよりも好きな曲の事です。練習がウマくいかなくても、最後にキッチリ吹けたらスッキリするから(笑)


・毎回シリアスにヘコまない
ヘコむのも大事かもしれないけど、真剣にヘコんでたら、気持ちがもたない(苦笑) なので、できなかった事を軽くネタにする。で、このblogに(lll´Д`)←こんな顔文字とか使いながらギャグっぽく書く。アタシにとっては、けっこうそれが楽しい(笑)


・できたところはキッチリ認める
できなかった部分もあれば、必ずちょっとぐらいはできた部分もあるはず。腹筋がちゃんと使えた、とか、今日はテンポを「5」速めてスケールが吹けた、とか、猫背にならずに吹けた、とか。たとえその「できた」状態が一瞬しか続かなくてもいい。できた事には変わりないんだから。できたものは「あ、できた!」って、キッチリ認めてやると、気持ちが上向きになれます♪


・あれこれ浮気しない
練習メニューも、あれこれと欲張るとしんどいので、ひとつの事を落ち着いてじっくりやります。おかげでまったく練習できてないもの(ペンタトニックスケールとか....)もありますが、そこは『二兎を追うもの一兎を得ず』と思ってやってます。


・できない時は.....
もちろんヘコむけど、ヘコむだけだと意味がない。「なんでできないのか」を考えます。できないのには理由があるはずだから。あとは、何度も繰り返して練習してたら、突然スッとできるにようになる日がくる。いつも突然「その日」がやって来るので、それをいつも楽しみに待ってます(笑)



普段はまったく意識せずにやってますが、よくよく考えてみると、だいたいいつも、こういう気持ちで練習してるかなあ。



ちんたら書いてしまいましたが。。。。。もしこれを読んでくださってるサックス吹きさんにとって、ちょっとでも参考にできるような事が書かれてあれば幸いです。


できない時もあれば、できる時もある。
で、そのうちできるようになる。
そんなもんだと思ってます。

気長に楽しみましょう(・∀・)ノ ♪


posted by Amanda at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

決断。

半月ぶりの『吹きばな』


レッスンが2週お休みだったので、なんとなく書くペースも落ちてしまい llllll(-ω-;)llllll


ですが、とりあえず練習はしてました(「とりあえず」←?)


まとまってレッスンがお休みになると、週末の個人練習の時に、基礎的なところにたくさん時間が割きやすいので、それはそれでいいのかなあとも思います。「あー、あのエチュードやらなアカンー(焦)」とか、そういう切羽つまった感が薄くなるって言うんですかね。



「次のレッスンまで3週間あるから、今日は宿題するのやーめた( ̄∀ ̄*))」



っていう考え方もアリでしょ(そうなのか?)




そのぶん、ロングトーンみたいな基礎的なものや、サブトーンとかグリッサンドといった自分の苦手分野にたくさん時間が割ける....これもまたいいんじゃないでしょうか。


そんなカンジでこの3週間は、比較的ゆっくりとしたペースで基礎練習を多めにしていました(おかげで「宿題なんやったっけ」状態・爆)



ところで



今年もそろそろ、発表会の季節です。



『シェイカーソング』→『タクシードライバーのテーマ』→センセイのオリジナル曲、と続いてきて、参加4年目となった今年。










もう今年は早々に宣言してしまいましょう。










とうとうやります。










キャンディねえさんの曲(大決意)











と言っても、『〜Go-Go』や『Pick up〜』みたいなハデハデの有名どころではなく、世間にはあまり知られていないマイナーな曲です(;´Д`)ノ 最新アルバムに入っている曲で、ねえさんにしては珍しい曲調なのですが、ライブで演奏してた時にすごく印象に残って、「これやってみたいなー」と。



はい、もうそんなノリで決めたので、もちろん楽譜はありません(´∀`)アハハ/\/ \



今年も耳コピーでいきます(笑)




昨年「発表会&友達の披露宴」という1日ダブルヘッダーで演奏した時も、どちらも耳コピー戦法で挑んだのですが、耳コピーって案外いいかもしれないです。もちろん、音を取ってる時は「えー!どうやって吹いてるん!? わからへん(#`皿´)ムキーーーー!」ってなるんですが(泣)、音をいったん取ってしまえば、それで半分以上はクリアした事になると思うんですよ。簡単なフレーズなら、音を取ってるうちに自然と覚えられるので、発表会では暗譜で演奏したいアタシにとってはとても効率的♪


とりあえず、テーマ部分はだいたい吹き覚えました。あとはアドリブ部......



Xデーは11月23日(月・祝)



ねえさんになれるように頑張ります。

posted by Amanda at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

子分たちの紹介(笑)

ちょっと専門的なオハナシになりますが.....


最近、アタシが使っているリードはこれです。





090619a.jpg

『La Voz』(ラボーズ)medium






以前、会社の某御方からいただいたものです。ちょっと興味本位でサックスを始めたらしいんですが、このリードを1枚だけ使って、あとはそれっきり吹かなくなっちゃったらしく(って、つまりそれは『ほとんど吹いていない』のではなかろーか....苦笑)「残りの9枚はつこてへんし、あげるわ」と(*゚∀゚)ノ ラッキー☆ 試しに使ってみたところ、けっこう吹きやすかったので、なんとなーくそのまんま、このLa Vozをメインで使っていました。



そんな中、つい最近の事ですが、新しいリードが発売されまして。





090619b.jpg

『Vandoren・JAVA "Red"』(バンドレン・ジャバ)
通称「赤箱」






ビジュアルのハデさに、つい目を持ってかれて(笑)試しにお買い上げしてみました。従来のJAVA(緑箱)は3番を使っていたのですが、この赤箱だと、3番ではちょっとしんどいllllll(-ω-;)llllll ので、ニーハン(=2半)をチョイス。でも、ニーハンだと一切の抵抗感もなく「ドバーッ」と音が出るので、これはこれでいかがなもんだろーかと、ちょっとお悩み中(-公-!) ニーハンの中で硬めを選ぶか、3番の中で柔らかめを選ぶか....どっちつかずのオンザ・ライン上でさまよってるカンジです(苦笑)



こんなカンジで、リードについてほんの少し書くだけで、なんか暗号めいた文章になってしまうのですが(わかりづらいですよねー。スミマセン....)


これでさらにマウスピース(以下『マッピ』)の事なんぞを書き出したら、それこそますます暗号化してしまうと思われます(苦笑)



そのマッピ、ここ数年ずーっと『ヤナギサワ』(以下『ヤナさん』)という国産のメタル・マッピを使っていましたが、この度とうとう、まったく違うトコのんを購入してしまいました。



090619c.jpg

『オットーリンク』7番




某所で2割引き販売してたので....本音を暴露すると、「安いから買った」っていうのもあります(爆) 買おうと思った理由はズバリ、「ビジュアルのカッコ良さ3.5割・シブい音のカッコ良さ3.5割・安く買える嬉しさ3割」といったところでしょうか(笑)


このオットーリンク、今までのヤナさんと比べると、ダークで渋い、いわゆる『オトナの音』(笑)が出ます。ヤナさんよりもパワーが要るので、吹き慣れるのにはちょっと時間がかかりそうですが、少しずつアタシ色に染めてあげよう(ふふふ♪)と思っています。


実は、音色やビジュアルを気に入って買った、というのは今回が初めてなんです。ヤナさんを買った時は「そろそろメタルのマッピが欲しいなー。サックス本体もナヤギサワだし、初心者にも吹きやすいって聞くし、とりあえずヤナさんにしーとこ」っていうカンジだったんです。でも今回は初めて、100%自分の意志だけで「この音好きやなー。カッコイイなー。これ欲しいなー」って思って買ったので、これでようやく「サックス・マニア」への第一歩を踏み出したと言えるのかもしれません(ニヤ)



posted by Amanda at 17:55| Comment(3) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

とりあえず書いてみた。

ええと。


またもやご無沙汰ぎみの『吹きばな』です(;´Д`)ノ


大型連休が重なったので、レッスンもお休み続きだったもので(と、言い訳してみる)


前回のレッスンからこっち、この3曲をクリアさせました。


『Mercy Mercy Mercy』
やろうと思えば何日間でも途切れなくソロ回しができる曲(笑)

『You and The Night and The Music(あなたと夜と音楽と)』
有名なスタンダードらしいのですが、いまだにタイトルを覚えられず、「私とあなたと音楽と」「私と夜と音楽と」など、勝手なタイトルで呼んでいる(爆)

『思い出のサンフランシスコ』
なぜか『憧れのハワイ航路』と記憶が混同するナゾの曲


先週新たに『Moanin'』の楽譜をいただいてきたので、明日のレッスンはそれがメインになると思います。アルト1・アルト2・テナーの3パートにわかれたアンサンブル楽譜なので、ソロ回しの部分は例によってアタシ1人でやります(笑) ただ、テナーのソロについては「アルト用に書き換えてもいいし、アドリブで吹いてもいい」との事だったので、ここはひとつアドリブでいこうと思っています。楽譜どおりにはいくらでも吹けるので、あえてアドリブに挑もうかと....


別に8年生になったから、というワケでもないんですが、これからはもうちょっと積極的にやっていこうかな、と、ふと思いました。なんてゆーかな、ちょっとモヤモヤっとした意識の中にある考えなので、ハッキリと言葉にはできないんですが。多分、キャンディのライブへ行った事も大きく影響してるんだと思います。


最近、練習中によく遊ぶようになったんです。あ、いや、遊ぶって言っても建設的な遊びですよ(笑) 気分転換にキャンディのCD聞いてワンフレーズだけ耳コピーしてみたり、ずっと前に買ったままで放置しっぱなしだったチャーリー・パーカーのオムニブックを見ながら少しだけ吹いてみたり....


前はそういう事をしても「ふーん」ってカンジで終わってたんですが、最近ふと自分の中で、そういった要素をより身近に感じ取れるようになってきた事に気づきました。「あー。こういう吹き方もアリなんだなぁ」「こういうふうなフェイクもできるんだなぁ」と。まあそれをすぐにアドリブで活用できるワケではないんだけどね(苦笑)ただ、そういったテクニックの存在が、以前よりも遠く感じなくなってきたような気はします。気後れするんじゃなく、「あーそうか」と、ポジティブに受け止められているような。



なんかハチャメチャですね、書いてる事が(苦笑)



とにかく(無理やり結論)



今までと変わらず、このまま与えられたモノをこなしてけば、それなりにウマくなるとは思います。が、それじゃ自分の中で何かが足りないような。


多分、自分からいろいろと疑問に思ったり、質問したり、試したりしないと、自分が目指してる(ものが何かもハッキリしてないけど・爆)ところにはたどり着けないんじゃないかと。


なんかこの1か月間、Amandaサンは、そんな考えにずっと占拠されています。アセりから来るのもではなく、ごくごく自然に、フッとそういう考えに流れついたです、ハイ。


スゴいですね、なんか悟ったんでしょうかアタシ(笑)


自分の周りにフワーンと浮いてる言葉を拾い集めてつなげたような、ヒジョーにあやふやな考えなんですが、とりあえず書きとめておこうかなぁと思って、(ちょっとムリヤリ)文字にしてみました。


このあやふやさ、1年後に何らかの形になってるんでしょうか。
ちょっと先が楽しみなような....。


posted by Amanda at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

思いつき。

突然「もしかしたらできるんじゃないか」と思い立って、やってみました。






081231a.jpg

100均で見つけた、ぶどうちゃんスポンジ







081231b.jpg


カワイイでしょ(笑)








081231c.jpg

粒ごとにちぎれるので、ちぎってみました。
(ちぎっても、ぶどうちゃんは笑顔・苦笑)







081231d.jpg

ほんで、プララちゃんのベルに詰めてみました(;・∀・)
それでもぶどうちゃんは、まだ笑顔(さらに苦笑)







ぶどうちゃんをこんな目に遭わせてまで、何をしたかったかとゆーと....


これでミュート(=消音機)代わりにならんかなと思ったんですわ。










で、吹いてみました。









いつもと全然変わりませんでした(lll゚Д゚)爆











そうですよねぇ、穴っちゅう穴すべてから空気がモレて音が出てるんだから、ベルんトコだけふさいだって、ぜんぜん意味ないし。落ち着いて考えたらわかりそうなモンなのに(アホ)


ぶどうちゃんゴメン〜(≧Д≦)ちゃんと有効利用するからね(泣)


.....と、そんなイタい事を考えながら、2008年が過ぎていくのでした(苦笑)


お手軽なミュートの作り方、ないかなぁ(-ω-;)
posted by Amanda at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

おっきな忘年会。

おとといの土曜日、今年最後の忘年会にオジャマしてきました。某ホテルに隣接するライブスペースを借り切って、総勢100名余り(!!)という大所帯での忘年会。飲み放題&食べ放題に加えて、楽器演奏もできちゃって、これでお値段3,000円ナリ。



お.....お安いっっっ!!!(((( ;゚Д゚)))驚




この忘年会で『ルパン三世のテーマ』『情熱大陸』のアンサンブル演奏に参加させてきただきました。15人ほどでのアンサンブル演奏なんていう大所帯ものは、もちろんアタシにとってはこれが初体験。一斉にブワーンと音が鳴るっていうのは、いやーホンマ気持ちのいいモンですね♪


『ルパン』はハモりパート担当だったので、さすがにちょっと暗譜しきれなかったんですが、『情熱大陸』は主旋律担当だったため、暗譜もスムーズにクリア。なので、場内や他のお客サマの雰囲気を見ながら演奏してました。


ほら、『情熱大陸』って、結構ラテンなカンジやないですか。ノリもいいし、テンポもそこそこ速いし。ふと気がついたら、皆さん手拍子してくださってて、それはもちろんすごく嬉しかったんですが....


後ろのテーブルに座ってはったグループさんが、立ち上がってものすご楽しそうにリズム取ってはるやないですか!!(*゚∀゚)ノ




(≧Д≦)えー!!アタシもそっちに混ざりたい!!!!!




....と、演奏しながら本気でそう思いました(演奏せーよ!・笑)




うらやますぃ....と思ったのと同時に、「自分の演奏に合わせてカラダが動いてるお客様って、舞台からはこういうふうに見えるんだなぁ」っていうのを初めて知りましたねー。普段はアタシがライブを観に行って、ステージ近くで踊ってしまう立場なので、そんな事ぜんぜん思いもしなかったけど.....



ステージ上から見るとね、すっごい楽しそうなんですよ(*´∀`)みんな、めっちゃ笑顔やし♪



自分が演奏してる音楽に合わせて、お客様がカラダでリズムを取ってくれたり、手拍子してくださるのって、こんなに楽しくて嬉しい事だとは知りませんでした......




そして、踊ってる自分はステージ上からこういうふうに見えるのか、という事も(笑)




一人でフラーリと参加したんですが、センセイにサックスを習っていらっしゃる生徒サンともいろいろお喋りできたし....皆さんすごく気さくに話しかけてくださって、スゴい嬉しかったー♪ さすが、音楽のチカラは偉大ナリ〜(*゚∀゚)ノ


年末の楽しいひととき、でございました☆☆




そして、ビンゴゲームで引き当てた景品はコチラ。




081229b.jpg

ペンのセット♪



文具好きなAmandaサンにとっては、かなりのヒット景品! さっそく年賀状を書くのに使ってます〜( ´ω`)

posted by Amanda at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

毎年恒例・その3

☆その3・思ったコト☆
(その1&その2もあります)


一日に3回も演奏機会を得る事ができて、個人的には楽しかったのはもちろんの事、自分がもっと「こうしたいなぁ」っていうのも、ちょっとだけ見えたような気もします。


まずはやっぱり....音、ですかねぇ(苦笑)


なんかちょっと、自分が追い求めてる音と違うの。勢いだけじゃなくて、その中にもっと落ち着いた、あったかい雰囲気も出したい。今は


「(*゚∀゚)ノ開放万歳!」


....とでも言うんでしょうか、勢いよくカーッと吹いて終わり!みたいな、自分で吹いててそう感じる(って、どんなんや・爆)って事は、吹きっぱなしにするんじゃなくて、音の切り方とか、そういうとこにも気を使ってあげるのも大事なのかなあって、思ってみたり。




あとね、ビブラートがすっごいヘタクソllllll(-ω-;)llllll




全然うねってないし! il||li _| ̄|● il||li 苦笑





とにかくアタシのビブラート、すっごいユルい。かかってるのか、かかってないのか、よくわかんない。何度かコツを教えてもらったけど、なんか改善できない。クチ閉めすぎなのかなぁ(-公-!)


それから、「歌うように吹く」っていうのが、今回ようやくちょっと体感できたような気がしました。楽譜がなかった、っていうのが、かえってそっちの方面にいい影響を与えたのかもしれません。楽譜があると、どうしても意識が楽譜にいってしまう。その点、覚えこんでしまうと視覚は必要ないワケだから、他の部分に意識をもってける。それってやっぱり、大きいですよね。


うーん....人前で演奏すると、ポンポン課題が浮かんできますね(苦笑) まっ、それが上達へのいいステップなんでしょうね♪


まだまだ他にも課題はあるけど、とりあえず今思いつくのはこんなカンジ。また思い出したら追加しよーっと。


サックス楽しーぃぃ(*´∀`)←今さら改めて何を言う(笑)


カベにぶつかる事もしょっちゅうだけど、そんなの、いつかクリアできる(と思う)し♪






YES, WE CANexclamation×2
↑オバマ氏!?笑







センセ、この1年もご指導ありがとうございました! オリジナル曲、吹かせていただけて(ちょっと恥ずかしかったケド)スゴい楽しかったです♪ 相変わらずキャーキャー言うてるテンション高い騒生徒ですが(lll´Д`)、今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪
posted by Amanda at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎年恒例・その2

☆その2・発表会☆


続いては、発表会でのいろいろを。


披露宴が終わり、『引き出もの』という名の持ち歩きアイテムが増え(笑)大荷物でヨタヨタしながら電車で移動して会場へ滑り込み。受付に置いてあったプログラムを確認すると





「現在演奏中」の方々の名前の5組下に、アタシの名前が。。。。。





めっちゃギリギリやん!!!(((( ;゚Д゚)))






かくしてAmandaサン、慌ててキャンディを組み立て、さらにアワアワしながらピッチを確認して、ステージのある部屋へバタバタと入り込んでいきました(せわしねー・苦笑)


この場所で演奏するのは、今年で3回目。もうだいぶん慣れたので、特にキンチョーはしなかったです。


今回アタシが発表会用に選んだのは、センセイのオリジナル曲。選曲に関しては、今年の春にリリースされたセンセイのオリジナルCDを初めて聞いた時からずっと「次の発表会はこれでいく!」って決めてました。今思えば、かなりチャレンジャーな決断だったような....という気もしますが(笑)


でもね、アタシの中では、今年やる事に大きな意味があると思ってたんです。 ― これ、初めてオープンにするアタシの考えですが ― 来年だったら、同じように「センセイの曲をやってみよう」って考える人が現れる可能性が高くなる。あの場にいる人たちに「(((( ;゚Д゚)))えっ、アンタそれやるの!?」って、驚いて面白がってもらうなら、絶対に今年やる方がインパクトあるでしょ。もちろん、その曲が好きだからやりたいと思ったのが一番大きいけど、こういうのも選曲理由の一つだったんですよね。


で、いざフタを開けてみると、その選曲が、Amandaサンにとってはかなりスゴい展開になりまして。


というのも、今年の発表会で伴奏をしてくださった方のうち、ピアノとドラムのプレイヤーさんは、実際にセンセイのライブでも演奏メンバーとして参加されていた方なんですよね。ほんでもって、サックスはセンセイじゃなくてアタシ。



.....こういう状況って普通、どんだけ頑張って夢で見ようと思っても、なかなか見れるモンじゃないです(笑)



ホンマ、贅沢すぎるぐらいの贅沢な環境で演奏させていただきました♪ しかし、その贅沢も幸か不幸か(!?)....途中のピアノソロをつい『お客さんモード』と化して聞きいってしまい、「あれ、アタシどこから出るんだっけ(;・∀・)」と、危うく一瞬本気で演奏迷子になるところでした(危)




これだけでも盛りだくさんなのに、極めつけとしてAmandaサンのサックス史上初めて




「サックスの神様」らしきものが降臨してきました( ;゚Д゚)




なんかね、吹いてる時に「もっと前へ〜もっと前へ〜」っていう声が聞こえたの.....(謎)





「もっと前へ(音を飛ばせ)」っていう意味なのかと思って、できるだけ頑張って、少々間違っても気にせずに強気で吹ききりましたが、あれは一体なんやったんやろ.......世にも不思議な体験でした。


ドタバタで会場入りして、贅沢この上ない環境で演奏して、しかも神様とも共演した(?)今年の発表会....なんか、格別印象に残りましたねぇ。



....って、なんだ!このまとまりのない回想録は!(;・∀・)



「反省会」とか言いつつ、建設的なハナシを全然してないので、さらに次のログへ続く(苦笑)

posted by Amanda at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎年恒例・その1

毎年恒例・建設的反省会の始まり始まりー(笑)


いやー....今年の発表会は、友達の結婚披露宴と日程が重なったので、てんやわんやの一日でした(;´Д`) 今後の練習の参考になるかも、なんて思いつつ、ちょっと細かいトコまで書き留めておこうと思います。きっと長文になるコト間違いなしなので、いくつかのログにわけて書く事になると思いますが....


☆その1・結婚披露宴☆

新婦には曲目を教えずにサプライズ演奏するつもりでした。万がイチ新婦がココを見てるとマズイかと思って、これまでずっと『PEBM』という略称で表記していましたが、これはMISIAの『Everything』だったワケです(→『Performing "Everything" By MISIA』)なんでも当日初めて知ったんですが、新婦だけでなく、新郎もMISIAのファンなのだそうで、選曲としては良かったのかなと。


んで、毎回「サックスよりも印象的なんとちゃうのん」とか言われたりもする演奏前のマイク・パフォーマンスについては、まあさておき(笑)


吹く事そのものは、中音域の「レ」の音が一度だけひっくり返ってしまった以外、特に問題はなかった(ハズ・笑)です。変にキンチョーする事もなく、そして、アタマの中にインプットされた譜面がフッ飛ぶという恐ろしいハプニングに見舞われる事もなく、ほとんど練習どおりにクリアできました。


また、「新婦泣かしたる!」というAmandaサンの目標は....




「『あーこれ絶対ヤバい』と思って、とっさに別の事考えた....」← 披露宴後の新婦談




(#`皿´)ゴルアァァァァ!
ちゃんと集中して聞いて泣かんかいっっ!





.....というワケで、目標は『ほぼ達成』としておきましょう( ̄ー ̄)




そんなカンジで、おおむねオーライで終える事ができた披露宴演奏ですが、あえて反省会をするならば、伴奏の音量とのバランスが難しかったなあってコトかな(-公-!)


普段から、ちょっと間違ったりとか、伴奏が小さめだったりすると、すぐに自信なさげなちっちゃい音になるクセがあるので、自信もって吹けるように、伴奏はちょっと大きめのボリュームで流してもらおうと思ってました。で、実際に、吹きながら「もうちょっと音上げてください」とかって合図を送って、調整していただいてたんですね。







あとで録音したMDを聴いてみると....伴奏のボリュームの方が若干大きくなってしまったような気が。



その場に居合わせた友達や知り合いの方々からは、「伴奏の音が大きすぎた」とか、そういった事は特に何も言われませんでしたが(←そこまで細かくこだわってるのは多分、吹いてる本人ぐらいなのかも(;´Д`)苦笑)アタシとしては、もうちょっとそういった事にもウマいこと対処できるようになれたらいいなぁ、と思いました。やっぱりね、演奏する以上はベストな状態のものを聞いてほしいし、ましてや結婚披露宴ともなると、新郎新婦にとっては一生に一度のイベントだから、ちょっとでもいい演奏してあげたいもんね。


この時は、そういった演奏環境にまで初めて意識を向ける事ができたので、いつもとは違う面でもいい経験になったと思います。それにしても、あの伴奏音源がなければ、あそこまで場の盛り上げに貢献することはできなかったハズ.....音源提供、ホントにありがとうございました♪


ちなみに、のオハナシになりますが、式のオオトリに演奏したので、コース料理の最後に出てきたベリー・ムースとウェディングケーキは、吹き終わるまでずっとガマンしてたんです。演奏後、テーブルに戻っての第一声が



はー、やっとケーキ食べられる〜(*´∀`)♪♪



....だった自分に、ちょっとウケました(←まさに『○○より食い気』・苦笑)





さて次の日、新婦からメールが届きました。


「昨日は忙しいのにホントにありがとう。新郎の友達が『カッコエエ!』って言って、写メとか動画撮ってたみたいやでぇ」



.....ど、動画て(;・∀・)



楽器のナマ演奏って、やっぱり普通では珍しいのかもしれませんねえ(;´Д`)アハハ



そんなこんなで、さっそく次のログへ続く。。。。。



posted by Amanda at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする