2009年12月25日

変身プララちゃん♪

わー、なんかエラくサボっちゃってますね、こっちのblog(慌)


発表会が終わってから、またいつものレッスン風景に戻りました。エチュードとか、レパートリーとか、黙々とこなしていくカンジで(←地味?笑)


最近はずっとアルトをメインに練習しています。そう言えばソプラノはどうしてるんだよアンタ、と思われているそこのアナタ! 今日はそんなアナタのために(笑)、久々のプララちゃん話を書いてみたいと思います。


実は、アルトのマッピをダンナさんに替えてからというもの、ミョーにソプラノが吹きづらくなってしまって(lll´Д`)


なんでかっちゅうと....


ダンナさんをつけたキャンディを吹くには、これまでよりもパワーがいるので、知らず知らずの間に、息の吹き込みにパワフル度が増強。そんなこんなで、今使っているプララちゃんマッピがAmandaサンに合わなくなってしまったようなんです(;´Д`)ノ


まっ、プララちゃんを買ってこのかたずっと、買った時についてきた付属マッピ&リガチャーを使い続けていたので、そろそろ新しいものを買ってもいいなあ、とは思っていました。というワケで先日、早速ウチのプララちゃんを連れて、楽器屋さんへ行ってきました。


「これこれしかじかで、新しいのを買おうかと思って見に来ました」というAmandaサンの話を聞いてくださった店員さんが「じゃあこのあたり、どうでしょうかねー」と言って出してこられたのは、「Selmer Super Session(セルマー・スーパーセッション)」「Jody Jazz(ジョディ・ジャズ)」「AIZEN(アイゼン)」の3種類。


試奏した時、なんとなくJody Jazzが一番気に入ったんですが.....マッピを差し込むコルク部分のサイズが合わなくて(ノω・、)


「なんかこれ、ガバガバなんですけど。。。。。」
「あー、これやったら、コルクの部分を膨らませやんとアカンねえ」







え、それって.....







本体改造ってこと!?(;・∀・)








「もちろん(コルクは)元のサイズに戻す事もできるから、全然心配ないですよー」とは言ってくださったものの。。。。この程度なら、『改造』なんていうほど大袈裟なもんでもないのですが、まだちょっと本体に手を加える勇気がないので(苦笑)、わずかな差で次点ポジションだったSuper Sessionに決めました♪


んで次の日、早速スタジオを借りて吹いてみました.....が、




あれー、ちょっと鳴らしにくいかも(-公-!)




吹き慣れてないからかなー、とも思ったんですが.....なんかそうでもないような(と、直感が珍しくそう言っていた・笑)




じゃあいっそのこと、リガチャーも買い換えてみようかなー。





練習帰りのその足で、再び楽器屋さんにオジャマして、いくつかのリガチャーを試してみました。


いやー、リガチャー換えるだけで、こんなにも音が違うもんなのか!(*゚∀゚)ノ と、ワタクシ、そりゃーいたく感動したもんですよ。




こんなに気持ち良く吹けるようになるんなら、リガチャーも買ってしまえー♪♪(←暴走)




....というすったもんだ(!?)を経て、結局こんな組み合わせになりました。





091225.jpg
どっちもセルマーです。






リガチャーは、逆締め1本ネジ止めスタイル....
(だからスタンダードなものとどう違うんだと言われても、まだよくわらかんのですけど・爆)


ついでに、ビミョーに合わなさげだったキャップも買い換えました(つまり全換えってヤツですか・笑)


新生プララちゃんの誕生でございます ヽ(´▽`)/♪

posted by Amanda at 18:08| Comment(3) | TrackBack(0) | プララさんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

仲間タチ♪

ソプラノのケースには、予備のマウスピースを入れるスペースがあるんです。直径数センチ程度の穴が4つ、隣り合う状態でポコポコッと開いています。


ソプラノ本体を買ってまだ10日のアタシは、本体を買った時についてきたマッピ1つしか持ってないので、残りの3つの穴は、未使用のままスコンと開いたままです。


そんなワケで、こんな人たちに協力を要請してみました。


061206.jpg


カワイー*・゜(*´∀`)゚・*


ペンギンさんと、ハロウィンのオバケさんです。


....完全に遊んでます(苦笑)
posted by Amanda at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プララさんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

新しいコ。

とうとうウチへやって来ました.....


061130.jpg


ソプラノサックス*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


カワイイなんてもんぢゃなく、もうすっかり


溺愛揺れるハート(笑)


おとといはスタジオを借りて2時間、昨日は家で1時間ほど一緒に遊んでました。まだまだ慣れないので、恐々扱ってる部分もあるんですが、とにかくいいコです。何よりも軽くて持ちやすい。アルトってやっぱり大きかったんだなァって、改めて思いました。


ちょっと細かいハナシになりますが、今回新しくアタシの子分(!?)になったのは、『ヤナギサワ』という日本のサックス・メーカーが製造している『S-902』というブロンズ・モデルです。ウチのミス・キャンディ(=アルト・サックス)もヤナギサワ製なので、言ってみれば姉妹みたいなモンですね。これまで他にも3つのメーカー(セルマー、カドソン、ヤマハ)が製造しているソプラノを試奏してみたんですが、アルトで使い慣れているという事もあって、やっぱりヤナギサワがいちばん馴染み良かったんですよね。


で、同じヤナギサワの中でも、いくつかのソプラノ・モデルがあるワケなんですが、このS-902は完全に


ひと目ボレ


ではなく


ひと吹きボレ


でした(笑)


音色がねー、かーなーりーアタシのストライク・ゾーン入りまくりだったんです
(* ̄m ̄*)うぷぷ 『とろけるチーズ』のようにトローリとした、それでいてちょっとレトロっぽくて、お上品なカンジ。まだキチンとコントロールできないんだけど、うまく音がスコンと出た時は、そりゃーもうゾワゾワッと身震いしちゃうぐらいの美声がするんですヨー(*´∀`) ラッキーにもAmandaサンの予想してた予算とピッタリだったので、「もう絶対このコ♪♪」ってカンジでした。


そんなカンジで、すでにかなりの親バカぶりを発揮しているAmandaさん(;´Д`)ノ 買ってからずっとソプラノばかりと遊んでたんですが、昨日あたりから異様に『アルト吹きたいモード』....あー.......アルトが呼んでる........(笑)

このぶんなら、アルトに対する気持ちも薄れることなく、気長にずっとやっていけそうでするんるんるんるん


posted by Amanda at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | プララさんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。