2007年05月10日

演奏者チルド保存。

昨日、なぜか突然キョーレツな睡魔に襲われたAmandaサン眠い(睡眠)


30分後にはレッスンなんですけど!!(o`Д´)=o


これはマズい....と、教室へ着くなり、まずはハイオクガソリンガソリンスタンド(という名のブラックコーヒー喫茶店・笑)を体内注入してエネルギー・チャージぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)その後、ウォーミングアップ用にお借りした小部屋の室温を21℃に設定して、我が身を急速チルド保存する事に雪雪(←暑いとムダに体力使うから・大笑)



そしてその代償は、教室の電気代とCo2排気量の微量増加....(;・∀・)



京都議定書に引っかかったら、それはアタシの責任かもしれません
o(-д-`メ)苦笑




でも、おかげで30分後にはええカンジでテンションも復活グッド(上向き矢印)るんるんるんるんいつもは立ってレッスンを受けるんですが、ちょっと気分変えてみたくて座っていすいす吹いたら、なんか久しぶりに落ち着いた気分でレッスンを受ける事ができました。こんなに純粋に「レッスン楽しいかわいいかわいいって思えたの、いつ以来かなー。



とは言っても、『Spain』はまだ来週に持ち越しなのよ〜(;´Д`)ノ爆



あの曲ってさ、最初からいきなり難しいじゃない? その上アタシ、イントロ部分に余計なスラーを勝手につけて吹くクセがついちゃってて(-公-)たらーっ(汗)たらーっ(汗)



「ここ、全部切るんよ〜」
「え、そうでしたっけ(汗)......タッタラタ.....タ......タ.....」(←カミカミ)
「『タッタカ タラタ タッタタ タッタタ』」
「『たった......た.....た.........たた.........た〜〜〜〜(爆)』」
「『タッタカ タラタ タッタタ タッタタ』......クチで言える?



ムリ〜〜〜〜il||li _| ̄|● il||li



((((ノ`皿´)ノ ⌒┫:・┫┻┠ナンテ滑舌ワルいのかしらアタシって!!!!




とりあえずその部分は、ちょっぴりゴマカシながら吹いて応急処置病院病院


「だいぶんスピード出てきてるよ。ちゃんと吹けてるねんけど、『明日本番』って状況やったら、ちょっとヤバいかも、ってカンジかな」
「あはは......ハイ( ̄▽ ̄!)」
「もっかいやっとこか。来週で仕上げね」
「はーい」


まっ、中途半端で終わるよりは全然いいかなって思います。どうせやるなら「おっしゃー、ちゃんと吹けた!!」ひらめきひらめきって、満足して終わりたいじゃない。もうひと踏ん張りして、自分なりに納得できる仕上がりにしたいと思います。


実はココんとこずっと、吹く事に対していろいろ考えすぎちゃってたのか、なんかしんどかったんですよねー。そんなカンジで、レッスンもイマイチ集中力を保てない状態で受けてた状態が続いてたから、ちょっと凹み気味だったんですバッド(下向き矢印)でも、昨日はいつもよりいい集中力を持ってレッスンを受けられた気がします。メンタルな部分が良かったのかも。



もしや、直前のチルド保存が効を奏したのか......!?雪雪



来週も『直前チルド』でいってみよー(笑)




posted by Amanda at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

Amandaサンの主張。

今、『Jazz Etude』っていうのをやってますメモエチュードなんで、そのタイトルどおり、いろんなエッセンスがつまったフレーズが出てくるんですが。このエチュード、実は今使っているテキストに出てくるエチュードの中でもいちばん。。。。。。



(Amandaサン基準で)つまらないバッド(下向き矢印)(爆)



んなコト言ったら身も蓋もないんですが(苦笑)、つまらないって言うか多分、自分の中でピンとこないんでしょうね。自分の好みのフレーズじゃないのかも。だからと言って「パスしちゃお」とか、そういうワガママはできないし(笑)、もちろん、自分の引出しは多ければ多い方がいいワケだから、(-公-)←こんな顔しながらでも練習はするんですけどね(あはは)


でも、それが音にアリアリと出ていたようで。



「なんか面白くなさそうバッド(下向き矢印)



って、見事にツッコミが(;´Д`)ノ


「譜面どおりに吹けてるんやけど、なんかつまんなさそうやね」
......ハイ、全然面白くないです(←ハッキリ言い過ぎちゃうん自分!!・苦笑)」



前からよく言われてた事なんですが、アタシは音符を忠実に吹きすぎる傾向にあるようです。


「ベッタリ吹くと、スピード感車(セダン)車(セダン)が出にくいんよ。全部の音符をきっちり吹かんでも、メロディラインに沿った音だけピックアップしたりして強弱つけた方が、曲の雰囲気が出るから。もっと遊ぼうと思ったら、ベンドとかいろいろ使ってみてもいいと思うし」


.....というようなポイントを押さえた上で、もっかい吹いてみた。


「うん、さっきより主張が出てきた(笑)そんなふうに吹いていったら、面白く吹けるんちゃうかな」



『自分はこの音楽をこない思うねん。まあ聞いてや耳



.....そう主張するのも、大切なことのようです。


posted by Amanda at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

プララさんのお散歩。

例によって週末練習演劇


タンギング絡まりまくりの『Spain』でしたが、テンポ120まで(無理やり?・笑)到達させてみましたっ└( `A´ )┘


目標テンポまであと10。


あと「たった10」なのに.......


その「たった10」が、なかなかウマくいかない!!Σ(;´□`;)


130で吹いたら、全然もう曲ってカンジがしないのよねぇ(苦笑)なんか、あまりにも急いじゃってる感アリアリであせあせ(飛び散る汗)



『お値打ち!!!!! Spain弾丸ツアー・1泊3日の旅』。+゚(*´∀`*)。+゚
(注:お食事なしレストラン、添乗員は同行しません足

飛行機飛行機飛行機



.......みたいな(どんなんや)


せっかくの旅行なんやし、余裕持って旅したいんですけど(あはは) あさってのレッスン、どうなる事やら!?


ところでAmandaサン、教室での練習を終えてから、



山へ行きました(いきなり・笑)



度重なるヘアピンカーブに珍しくプチ酔いたらーっ(汗)し(*´・艸・`*)、山へ突入する直前に飲んでいたコーヒー喫茶店で、お手洗いの極限ガマン大会トイレと化してしまったのが少々ツラいトコロではありましたが(苦笑)、せっかくなんで、山の中でホラ貝、ではなくプララさんを吹いてきました。



070416.jpg



いつの間にやら写メ。。。。(苦笑)


やっぱり部屋と違って、外で吹くと音が自分にハネ返ってこないので、なんかちょっと違和感がありました( ̄▽ ̄!)


あ、これちょっと構え方が低いですよね....((´Д`;)))シマッタ・笑
posted by Amanda at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

SpainとEtudeとStevie。

ライブが終わって一日。


やっぱりと言うかなんと言うか、昨日はレッスンお休みでした(あはは) レッスン、月3回だもんね。


でも、別にアタシまで練習をお休みする必要もなかろう(笑)ってなモンで、会社の近くにあるスタジオを借りて練習してきました。


プララさんを拭く時、リードは青箱の3番を使ってますが、ようやく「なんだかこれ、使いづらい?」ってのがわかってきたような気が....(え、今ごろ!?!?) アルトには一応「どのリードが使いやすいか」を判断する『Amandaサン基準』が存在するんですが、ソプラノのリードに関しては、なんかイマイチよくわからなかったんですよねー。全部それなりに鳴るし、全部それなりに抵抗感あるし、オマケに鳴りづらさも一緒、みたいな。そんなに違いがわかるほど繊細じゃないからアタシ、あはは。って、そういう問題じゃないような気もするけど.....( ̄▽ ̄!)


でも、全てのリードをウマく使いこなせたらいいですよねぇ。自分に合うリードをいちいち探さなくてもいいし、当たり外れで一喜一憂する事もないし。そんな器用なプレイヤーになれたらいいねえ。


昨日は『Jazz Etude』と『Spain』、ちゃんと両方ともやりました(笑) 『Jazz Etude』は....なんか難しいっすねえ。慣れればスルリと吹けると思うんですが、なんかまだ指が慣れなくて、結局まだ3分の2しか見れてないんですよねぇ。来週のレッスンに間に合うのかな(汗)


『Spain』は、先週末にも練習したんで、順調にテンポ115まで上がってきました。目標の130までもうちょっと....なんですが、



タンギングが〜〜〜〜il||li _| ̄|● il||li



絡まるねえ、かなり(苦笑) 指とタンギングのタイミング、ズレズレっす(;´Д`)ノ


いやーでもこの曲、吹いてて楽しいヨ。リピートが多いから息苦しいけど(笑) やっぱり『名曲』って言われるだけありますねぇ♪ CDとか聴いてると、なんとなく難しそうに感じるんだけど、意外に吹きやすいし。さすがに来週のレッスンまでには仕上がらないと思うけど、好きな曲なので、気持ち良く吹けるように練習しますわ〜。


あ、そうそう。ライブで『Overjoyed』演奏してはったのを聴いたんですけどね。あれ、いいですねぇ。吹いてみたい♪♪


また耳コピーの日々が始まる、のか!?!?(;・∀・)


posted by Amanda at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

すっぺいん。

かわいい土曜日かわいい


こってり練習(と言っても2時間半だけですが)の日です。


この日は比較的プララさんのゴキゲンも良かったるんるんようで、ご主人様(=アタシ)の言う事も素直に聞いてくれました(笑)


Amandaサンはいつも、楽器をセットしてから少しの間、試し吹きのノリで、マイナースケールを吹く事にしています。メジャースケールほど本腰を入れてやってるアイテムじゃないから、「ただの音出しやから、別に間違ってもいーやー」ってぐらいの軽い気分で。間違っても絶対に深く追求せず、ごく簡単にサラーッと(ただの音出しで深く掘り下げたら宿題できなくなっちゃうし・笑)完璧に吹きこなさなくても、なんとなく吹いてればそのうちマイナーの感覚も身に付くかな、と思って。


んで、その後、ちょっと楽器があったまってきたかなって頃からロングトーン演劇ひととおり全部の音をやります。プララさんの「highF」と「F♯」の音は、相変わらずチューナーの針が振り切れちゃうぐらいピッチがグラグラー(長音記号1)(苦笑)なんですが、「ソプラノの高音は難しいから『音が出るだけでラッキーるんるん』っていうぐらいの気持ちでいい」との事なので、『限りなく適正ピッチに近づけるように』というのを目標にしてます。最近ようやくウチのチューナーが、highF♯の音を「highF♯」と認識してくれるようになったので、まあよかったかなと。なんせ今までピッチが高すぎて、highF♯なのに「G」って認識されてたぐらいなので〜(´∀`!)アハハ


別にワザとそうしようと思ったワケではないけど、おとといは基礎練習を終えた後、『Jazz Etude』をほったらかして、1時間半ぐらいずーっと宿題の『Spain』を吹き続けてました(;・∀・) わははーっ、なんか吹き始めたら止まんなくなっちゃって!!


最終的な目標テンポは130なんですが、アタシはまだ90ぐらいが精一杯。『Spain』はリズム取りが難しくて、メトロノームを本来の2倍手(チョキ)のテンポに設定した方がリズム取りしやすいってのもあって、メトロノームのつまみをグイグイっと下ろしてテンポ180にセット。『コッチンコッチン』いう音に合わせてブースカブースカ吹いてた演劇ワケです。


吹き慣れてくるにつれ、『コッチンコッチン』も徐々にテンポアップ。メトロノームが出せる最速テンポ「208」にまで到達した頃には、メトロノームから煙が出そうな勢い.....



コチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチコチ━(lll´Д`)━(lll´Д`)━



(#`皿´) ムキーーーー! こんなの速いヨ!!!!!!!!!!



指カラんぢゃう!!!と、あたふたしながら楽譜を覗き込んでいた時、背後のドアで「コンコーン」というリズミカルなノック手(グー)の音が。。。。。。。



はぁぁい、だぁれ〜〜〜〜〜(´Д`|||)



と思って振り向いたら。。。。。。。



あら、センセ( ̄▽ ̄!)



こもってモソモソ練習してるAmandaさんの様子を、レッスン指導を終えたセンセイが見に来て目くださいました。



うぅ、嬉すぃ......(´ω`*人) 揺れるハート



とってもとっても嬉しいケド......



ブハブハいってるプララさんのオモロイ音演劇外にも漏れ聞こえてますよねー絶対に.....ぎゃははっ!! ハズカシ(/д\*))笑


posted by Amanda at 12:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

リズムづけ。

昨日は水曜日。いつもどおりのレッスン日。週の中でいちばんドキドキする日(←ちゃんとできるのか、と、ドキドキ。笑)


昨日はなんと



レッスン中に基礎ルーティンをしませんでした。



めずらしぃぃぃ( ;゚Д゚)



と言っても、『継続的に自主錬しとくように』という暗黙の了解はもちろん健在なんですが....と言うか、アタシ自身もうすっかり「やらないと、なんか気持ちが悪いバッド(下向き矢印)ってぐらい洗脳されてますんで〜(笑)


前ログにも書いたとおり、昨日は『リズム命』なレッスン(!!)でした。『Jazz Etude』も『Spain』も、とにかく楽譜を追うコトだけでいっぱいいっぱい(苦笑) 来週はレッスンがお休みなので、とりあえず2週間かけてもっと楽譜に慣れてから、プラスアルファるんるんの面を加えていこうと思います。


......ごめんなさい。ギャグ思いつかないんで、マジメなコメントのまま終わります(苦笑)

posted by Amanda at 18:15| Comment(6) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

プララが壊れた!!!!!!(/□\)

だぁぁぁぁぁぁあああああああ、どうすんべ!!!!!!!!!!


















.....っていうのはウソ(-∀-)


エイプリルフールだもん。って、あ、今日もう4月2日やし.....これじゃタダの



『大ウソツキ』( ̄▽ ̄!)



とにかく、プララは壊れてないです。とっても元気ですかわいいかわいい(笑)


2ヶ月間に渡る長期のバイオリズム不調からようやく抜け出せ始めたのか、いつものウルトラ・ポジティブグッド(上向き矢印)(笑)を取り戻しつつある今日この頃。宿題も、基礎・レパートリー共に先週から一気に衣替えしました。やればやるほどドツボにハマる、まさに『アリ地獄』の愛称(!!)がお似合いの基礎ルーティン(苦笑)は、これからも練習を続けていくんですが、この『アリ地獄』に気を取られて長い間ずっと放置プレイ(;´Д`)ノされていた最後の『Jazz Etude』に取り掛かりました。今回は、3連音符バリバリのシャッフル。ねちっこいカンジだわねぇ(大笑)


そしてレパートリーは、とうとうChick Coreaの『Spain』に突入しました。あれですね、



♪チャッチャラチャララチャーララチャーララ、チャーッチャッチャーン、チャーッチャッチャーン♪



ってヤツ。


....って、文字にしたら、何がなんだかわかりゃしないぢゃないかたらーっ(汗)たらーっ(汗)でも、この曲を知ってるそこのアナタ!! コレ見ながらフシつけて歌ってるでしょ'`,、(´▽`) '`,、


『Jazz Etude』にしろ『Spain』にしろ、今回の宿題はどちらも手ごわいカンジ。予想はしてましたが、案の定....


リズムどりにひと苦労(≧д≦)


16分音符とか、音の短い音符がこれでもかってぐらい登場するので、楽譜がとっても黒く見えます(笑)慣れるまでしばらくアタフタしそう(lll´Д`)


とりあえず、譜面に慣れるようにします☆☆

posted by Amanda at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

休場あけ

タイトルが............確かに『休場あけ』なんですが


相撲やないねんから(;・∀・)


ま、そんなコトは置いといて(笑)


2週間ぶりのレッスン日でした。


プララさんを使うのは.....実に10日ぶり( ̄▽ ̄!)


あ、でも一応4日前にキャンディ吹きましたが(←かなり言い訳)


イヤイヤ練習やってもますます悪循環かなぁと思ったので、『ヤル気ナシ子』のヤル気を復活させるべく、あえて練習せずにいました。それどころか、エアロのレッスン等でやむを得ず音楽に接しなければいけない時を除いて、音楽そのものをまったく聞かずに音楽パスワード過ごしてました。


珍しい!!!!( ̄◇ ̄;)


でも、たまにはこういう生活もいいですヨ。いつも音楽に囲まれて暮らしてるので、iPodやMDを使わない生活って、すごく新鮮ひらめきひらめきおかげで昨日は、久々にまっさらな気分でレッスンに行く事ができたし、今までどおりプララさんを楽しく吹けたような気がします。よっぽど追い詰められてたか、と、ちょっぴり思ってみたり(笑)


昨日の基礎ルーティンは、「B」「D♭」「F♯」の『高難度御三家(笑)』だけにフォーカスを当てました。吹くたびにちょっとずつ慣れてきてるのかなぁとも思うけど、この2週間、スケールとルートのアルペジオばかりにこだわってたので、3度飛ばしとセブンス・アルペジオの練習を一切やっていなかったAmandaサン。「はっ、マズい.........」と思ったけど、時すでに遅し(*-ω-)。



ウシャッ、ぜんぜん指動かね〜〜〜(;・∀・)たらーっ(汗)たらーっ(汗)



ハイ、またピアノのフタを開けて鍵盤を覗き.....視覚目のお世話になることに(苦笑)


まあいいや、また練習すればいいって事で。もうかれこれ1年近くこの基礎ルーティンをベッタリやり続けてるんで、こうなったらもうアセらずに気長モードでいこうっと♪


課題曲は『Everyday I Have the Blues』でした。ブルース三昧やわ最近.....好きやからいいけど(;´Д`)ノ


いきなりですが、ここで『告白タイム』


この曲、実はほとんど練習してませんでしたパンチむかっ(怒り)
アルトでやった時の記憶を頼りに吹いてたようなモンで....
(うはっ、センセイごめんなさい!!!!!!!)


しかし......



「ベンド、うまくなったんちゃう?」



( ̄o ̄)ハイ?



「アルトでやった時、確かベンド苦手やったよねぇ?」
「ハイ.....」
「ソプラノの方が吹きやすい?」
「うーん、そうでもないです」


むしろソプラノの方が吹きにくいです。息入れにくくて(爆)



「ええ感じになってるよ」



揺れるハート揺れるハート*:.。☆..。.(´∀`人)嬉嬉嬉嬉嬉



「ほんじゃ今度、アドリブも入れてやってみよか」


いきなりスか!! と思ったけど、マイナーペンタとブルーノートもなんとか取り入れる事ができてクリア(`▽´)vv 普通の「ミ」を使わずに、もっとブルーノートにすりゃ良かったな、っていう要改善点もあったけど、総崩れせずに吹ききれたのはAmandaサン的にはかなりの収穫。2週間のリフレッシュ休暇、効果あったみたいです♪


そして、次の課題曲はとうとう『Spain』に突入.....難しそうやけど、ちょっとずつ慣れていきますわ☆☆
posted by Amanda at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

きのうは。。。

むかっ(怒り)パンチリベンジ狙いのレッスン日


....だったのに、昨日は珍しく仕事でバタバタしたので、なかなかアタマが切り替わらずふらふらいつまでーも目の前に書類メモがチラチラ。気持ち悪いったらありゃしないバッド(下向き矢印)(泣)


いつも、早めに教室へ行ってウォーミングアップをするのですが、なんせそんなコンディションなので、楽器にも楽譜にも全く集中できず。とうとう諦めて、「せめてテンションだけでも上げよ。。。。」と、セルジオ・メンデスの『マガレーニャ』を聴きながら音楽カラダほぐししてました(苦笑)


昨日の基礎ルーティンは、サックスの最低音であるB♭からスタートカチンコ半音ずつ上げてグッド(上向き矢印)いって、Aまで順番にスケール2往復半とアルペジオだけを連続でやったんですが、吹いてる途中でふと気付きましたひらめき目



あれ? このままいったらF♯も吹くコトになるんじゃ?あせあせ(飛び散る汗)
まだF♯の練習してないんスけど....((゚m゚;)たらーっ(汗)




吹きながらそんな事を考えてると、あっちゅう間にF♯の順番が回ってきちゃって、ちょいとばかりアセったAmandaサンたらーっ(汗)たらーっ(汗)



いきなり素っ気なく「これ、まだやってませんからバッド(下向き矢印)
とか言っちゃうー(長音記号1)演劇のも、なんだかなぁ(-公-)
スケールとアルペジオだけやったら、なんとかなるか....スキー




どのキーに♯が追加されたのか、イマイチ理解しきれてなかったけど(爆)とりあえずF♯のコードはアタマん中で描けてたペンので、何事もなかったふうに吹いてみました。


ハイ、別になんの疑いもなくスルー'`,、(´▽`) '`,、


とは言っても、決してF♯がぴかぴか(新しい)ファンタスティックぴかぴか(新しい)に吹けたからではありません。他のキーもまんべんなく間違えながら吹いてた(!!)ため、そんな中でいきなり練習してないF♯を吹いても全然目立たなかった、というだけのハナシでーす(大笑)


「もうこうなったら、まとめてF♯も練習しちまえばいーや」と、昨日のレッスン中に思ってしまったAmandaサンでした(あはは)


レパの『C jam Blues』は、週末の練習でだいぶん慣れたので、まあまあそれなりにこなせたかなあってカンジ。とりあえずOKいただきました。でも、『Jazzエチュード』のフレーズを1個しか使えなかったのが残念。あと1〜2個ぐらい使えたら良かったんやけどなァって、ちょっと反省しとります(;´Д`)ノ 今回いただいてきたレパ課題もブルースなので、次回はもっと自在に『Jazzエチュード』のフレーズを操れるようにしたいと思います。


あと、「最後は2 verseで」って指示があったのに、全然対応できなかった。。。。(沈) その場で指示されても、すんなり対応できない。いつもそう。小さい時からずっとそう。音楽でも勉強でも、習ったモノをいったんお持ち帰りして、自分で噛み砕いて、それで初めて「あ、そか。やっとわかったひらめき」って言いながら消化するタイプ。その場でササッとこなせちゃうコを見て、いつも「羨ましいわァ揺れるハート」って思ってました。


もうちょっと器用になりたいっス!! ε-(;´ω`A

posted by Amanda at 12:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

ちょこっとリベンジ。

前ログでは、レッスンで思いっきり爆弾玉砕爆弾されたAmandaサンの苦悩(笑)を綴ったワケですが、それをちょっとでも克服するべく、週末も練習してきました。


まず基礎ルーティン。これまでは、Cメジャーから、♯と♭を1コずつ増やしていく、という順番で、何の疑問も感じずに(笑)練習し続けていました。が、この日の練習では、前回のレッスンでやったように、GからFまで半音ずつ上がっていく右斜め上という順番にチェンジ。


まるで『親の後をペッタリついていくカルガモの如く』のノリで練習する、このバカ正直なまでの練習ぶりを、チョコっと画像に納めてみました。



070312.jpg



音符の形がビミョーにイビツなのはご愛嬌(!´∀`)


やっぱりチョイチョイ間違えて歯ぎしりしそうになりましたが(って言うか、実際「イーッ!!!」てなったし・苦笑)、焦らずにやります。どーせ最後にはできるようになるんだから(←ヘンな自信・笑)


レパの『C jam Blues』は、吹いてるうちになんとなくわかってきたカンジ。とりあえずブルースはセブンスコードで進んでいくってコトと、ブルースではマイナーペンタトニックを使うってコトを覚えておいて、マイ・バイブルに載ってるエチュードも使いつつ吹いてみました。


ひとつ気づいたコトがありました。


いつもだったら、「このコードにこの音は合わないなふらふら」っていう、いわゆる『キモい気分たらーっ(汗)にさせられる音』ってのが存在するんですが、なぜか今回は、どの音を使ってもあんまりキモく感じない。「ブルースやから、いつもよりアドリブ吹きやすいハズやで」っていうのは、このコトだったのかなあって、ちょっぴり思ったり。


『習うより慣れろ』っていうか、『習って使って慣れろ』ってカンジですな(笑)


posted by Amanda at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

セブンスとブルースと。

先週の水曜はレッスンがお休みだったので、実に2週間ぶりのログです。いや、別にサボってたワケではないです。最低限の練習はしてました(若干言い訳・笑)


おとといのレッスンは、とにかく



撃沈il||li _| ̄|● il||li



根っこからヤラれましたρ(-ω-。)


基礎ルーティンは、ランダム指定されるとガタガタ(崩) ランダムと言うか、実際にはGからFまで半音ずつ順番に上がってっただけ。でも、いつもと吹く順番が違うだけなのに、こんなにもミスりまくるなんて。。。。Amandaサン、撃沈っていうか



木っ端微塵|XX(;゜Д|XXX|....



ナパーム弾をクチに突っ込まれて爆発させられた、ぐらいの勢いでした(刻)


しかし、それだけならまだいい。


更にその後、レパートリーの『C jam Blues』


センセイが言ってる事が、まったく理解できない (lll´Д`)━(lll´Д`)━!! 聞こえてくるコメントは、全て外国語状態。って言うか、



むしろ英語の方が理解できますが、それが何か!?!?



「セブンスが....セブンスが....ってセンセイ言うてはるけど、なんでセブンスなん!!!!! ヽ(`Д´)´)ノ


レッスン後にあれこれと調べてわかったんですが、実はこの時のアタシは、『ブルース音楽は全てセブンス・コードで進行していく』という、ごくごく基本的な事を理解していなかったのデス。


そらーわからんわ(´∀`!)


オマケに。。。。


「セブンス・コードは、メジャーにもマイナーにも解決するでしょ?」



え、ホンマに?(;・∀・)



確かに、Fに解決するならC7やし、Amに解決するならE7。セブンス・コードはメジャーもマイナーにもつながります。


しかし、ですね。


「Cに解決するのはG7」←これはわかります。でも


「G7はCmにも解決できる」のか!? ルートがCmなら、セブンス・コードはB♭7、というのが、アタシの記憶に残ってるんですが、まさかこれは間違って覚えてるってコト!?!?


。。。。。(謎)


レッスンの時は、何がわからないのかさえわかんない状態だったので質問できなかったんですが、ちょっとアタマん中が整理できたんで、また質問してみよっと。


今日は練習しにいきます♪




posted by Amanda at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ゴマカシもほどほどに。

基礎ルーティンからいきなり不意打ちパンチむかっ(怒り)


いきなり「D♭からやってみよか」って、それってアリなんスか、センセ....
il||li _| ̄|● il||li



泣きごと言うつもりはないんだけど、鍵盤時代って、シャープやフラットがついてもせいぜい4つまで。手(パー)5つもつく曲なんて弾く機会がなかったから、このへんのコードって完全に未知の世界なんですよ。



へ〜、『ソ』にもフラットがつく事なんてあるんだ〜 (o´∀`)oキャハ♪



....みたいな、そんなレベルだったりします(核爆)


そのうえ、アタシはシャープよりもフラットが苦手なタイプ(δ´・ω・`)


そんなワケでこの一週間、基礎ルーティンの練習でかなりヤラれてました。これまでは、そこそこ練習すれば比較的スムーズに吹けるようになっていただけに、D♭がかなり苦しかったのは認めざるを得ない事実でして。



アタシ、こんなにでけへんか!!!! (((( ;゚Д゚)))



と、ここまでトコトンできない自分の不出来さにかなり衝撃と言うか、むしろ新鮮味ぴかぴか(新しい)さえ感じました(笑)


まーなんだかんだ言っても、これまで何度もこんなカンジで「できへんできへん!!」って言いながら、なんとかクリアしてきたし。そのうち慣れてくるかな、と思ってますけどね♪(って言うか、クリアせんと先へ進めんし・苦笑)


そんなカンジで昨日はいきなり「D♭」からスタート→「B」→「E」→「A♭」と、いつもとは逆の順でルーティンやったもんだから、もーめちゃめちゃもいいトコでした(あはは)D♭ですっかり調子崩しちゃって、ぜーんぶアタマん中からフッ飛び....飛行機途中で隣りにあったピアノのフタ開けて、鍵盤見ながら目アタマん中を整理し直したぐらい(´∀`)アハハ



もっかい出直してきます(;´Д`)



レパの『枯葉』は、書きリブで一部苦手なトコがあって、実際、練習でも成功率がめちゃ低かった右斜め下んですよね。完璧にできないままレッスンに入っちゃったから、もーハラ決めて強行突破!! 案の定ミスりまくったんですが....



オイラ間違ってない!! (・`ω´・) (・`ω´・)



そりゃーもう、ゴマカすゴマカす(ありゃちょっとヤリすぎじゃろがい)



演奏終了後、さすがにチェックが入りまして(大笑)


「テーマんトコは、もっとシンプルでもいいよ。もちろん『どうしようかなぁ』って悩みながらじゃなくて、自然に今のフレーズが出てきたんなら、それはそれでOKやけどね。あと書きリブは....ちょいちょいと....」
「ハイ、めちゃゴマカしました(;・∀・)」
「(!´∀`)笑」



これを書きながら、今、自分が『自由に吹く』という意味を履き違えているような気がしてきました....(苦笑)



「アドリブは....うん、そんなカンジで。あと、最後の音をEにしたのは(どうして)?」
「高い音でF♯って、なんか気持ち悪かったんで、オクターブ下げてEの音にしました」


提示されているコードがAmなのに、Amに本来含まれていない「F♯」の音を吹くっていう事に違和感たらーっ(汗)があったので、5度の「E」の音にして無難に終わらせた、というのがAmandaサンの意図だったんですが、実はこの「F♯」には「シックス」という意味が含まれていたんだそうです。サックス一本でシックスの音だけを吹くと、それだけが際立って聞こえてしまうので、どうしても違和感がありますが、ピアノで「ジャーン」と和音として弾くと、なるほどめちゃオシャレ揺れるハートなカンジに聞こえます。


また一つ勉強になりましたメモ


オマケ:
「シックス」とは、根音から数えて6番目の高さにある音のこと。どちらかと言うとシックスはやや不安定な音なので、ポップスなどの演奏時はスパイス的な使われ方をする事が多いのですが、ジャズではめちゃめちゃ頻繁に使われる音なのだそうです。


posted by Amanda at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

バイブル忘れた!!((( ;゚Д゚))

最近、なんかちょっとアドリブ系でぴかぴか(新しい)ヒラめいた感ぴかぴか(新しい)のあるAmandaサン。それ以来『エチュード』を読むのにハマってしまって(なんだそりゃ・笑)、移動の時にエチュードを読み直したり本する事があります。


しかし、『やり慣れないコトはするもんじゃない』というお告げなのか、こともあろうに



週末、会社に基礎テキストを忘れて帰ってきてしまいましてil||li _| ̄|● il||li



基礎テキスト、もうすっかりアタシの本『ホーリー・バイブル』本なのに!!!!(笑)



やれやれ、仕方ないなァ。というワケで、週末の練習では、なんとなく記憶に残っているいくつかの『U−Xフレーズ』を元にしてバリエーションを作ってみたり、家にある楽譜で『U−Xフレーズ』が載っているトコを探して、それを使って練習してみたり。


『バイブル』がなかった割には、それなりに練習できたかなと
Amandaサン、意外に機転利くやん(´∀`)アハハ


あとは、「『枯葉』のアドリブでブルーノートるんるんを使うと、ガラッと雰囲気が変わって面白くなるヨ」と、センセイからコメントをいただいたので、最近すっかりサボりモードバッド(下向き矢印)になってしまっていた『ブルーノートを含むペンタトニックスケール』をおさらいしました。ひとつ何かに集中すると、ついつい他の何かを忘れてしまうんですよねぇ。「あ、そやそや、そんなワザも使えたんやわ」みたいなカンジで。


自在に遊園地アレコレとワザを使えるようになるには、まだまだ長い道のりみたいです(;´Д`)ノ


でも、最近アドリブがあんまりコワくなくなってきたっていうコトだけでも、今のアタシにとってはめちゃめちゃ大きな収穫なので、この先の道のりがどれだけ長くても、別にいいやって思ってます。なんせコワくなくなるまでに、既に5年手(パー)かかってるもんねー(笑)


「こんな風にも吹けるよ、あんな風にも吹けるよ」って、いろんなワザを紹介してもらって、ようやく「ああそうか」って、言葉ヅラだけじゃなくて、ホントに理解した上で思えるようになってきた感があります。「創作意欲がわくでしょ」っていうセンセイの言葉に、初めてココロから「そうですね♪」って言えた自分自身が、スゴく嬉しいです。


吹いてるアドリブそのものは、まだまだしっちゃかめっちゃかなんだけど(苦笑)、前より『楽しい』って思えてる。それだけでも充分スゴいんぢゃないの、って思います(*´∀`)


まだまだファイトー(`・ω・´)/☆☆
posted by Amanda at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

そこもオイラがやりますっ!!( `-´)っ))

水曜が、アタシのレッスン日です。なので毎週木曜は、このブログの定期更新日みたいなもの(笑) レッスンの次の日に、レッスン内容をココに控えておくと、何を練習するべきなのかを後で思い出しやすいので....。


定期的に or たまたま検索でひっかけてココをご覧になっている方には申し訳ないのですが、そもそもこのブログは基本的に....


@自分のアタマの中を整理するためのツール
A『あの時期に何をやっていたのか』を思い出せるアーカイブ的存在
B「書くことで何かヒラメキを得られるかもしれない」という密かな希望の具現(笑)



....として使っている、という、まさに100%『自分のためのメモ』的な存在なのです。


もちろん、何かしら縁があってこのページにたどり着かれた、という方がいらっしゃる可能性もあるので、それなりに体裁を整えてはいますけどね(もしそういう方がいらっしゃいましたら、どうぞ気軽に探検していってくださいね♪)


いきなり脱線しちゃいましたが(^^;)、そろそろ本題に戻ります。



昨日のレッスンは。。。。。



なんだかんだ言う前に、音がダメダメでした(泣)



『いい音色作り』に集中できてないなぁっていうのを、自分ですごく感じました(-公-) うまいことスパッと音が出ない。いつもより顔がやや下を向いていたような気がするので、きっと、クチとサックスの角度がよくなかったんだろうなって思います。あと、いつも気になる「吸った息の効率的な使い方」にも問題アリ。ソプラノは、やっぱり音出しが難しいっスね。


基礎ルーティンは、Bメジャーがまだ若干アヤしい状態ですが「あともうちょっとかなァ」というトコまできたので、新たに「D♭メジャー」が課題に追加されました。


えーと....



♭が5つ?(;・∀・)



また練習しながら「どれがフラットやねん!!!!!????」って、Amandaサン悶々とするのね〜〜〜(苦笑)


レパートリー課題の『枯葉』→今回は、書きリブをそのまま吹くのが宿題だったんですが、一ヶ所ポロッと間違えたのが心理的動揺を引き起こしちまいましたヾ(;;゚Д゚)ノ 『吹き間違えても、なんとかテキトーにごまかして立て直して切り抜ける』というのも、今のAmandaサンの課題の一つ。なので、何事もなかったかのように復元しようと頑張ったんですが....ミスの連鎖反応を起こして途中で総崩れ(倒)


ああ残念。。。。。(*´・ω・。)


とっさに「立て直さな!!」と、前向きな考えが働いたのは良かったんだけどね(´∀`!)アハハ


でも、なんかくやしかったから、14小節の休符部分も頑張ってアドリブしてみたですヨ!! 「アドリブなんてイヤー(≧д≦)」って言い続けてたAmandaさんが自主的に(しかもセンセイが吹こうとしてはったのを遮って・爆)トライしようとした、そのガッツだけは認めてくださいっていう次元のモンですけどね(笑)


その後、曲のコード進行に沿って「このコード進行で、前にこんなのもやったよねー」っていうフレーズを改めておさらいしました。「あーあー、そう言えばやったよそれ!!」っていうフレーズがワサワサ出てきたヨ!!


アタシの脳、働け働け〜〜(笑)

posted by Amanda at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

エチュードの鬼・聖誕祭(笑)

昨日はレッスン日でした。何かに動揺したのか(!?)、Bメジャーの基礎ルーティンがグチャグチャー(長音記号1)になってしまったです(苦笑)なぜか途中で萎えちゃった感アリ....何が起こったんでしょ、よくわかりませんが(-公-)


それとは反対に、レパートリーの『いそしぎ』は、



「うん、いーんじゃない」



と、恐ろしいほど気持ち良くOKが出ました(笑) やはり『ジャズ・エチュード』でぴかぴか(新しい)ヒラめいたぴかぴか(新しい)のが良かったんでしょうか。ところどころ、出したい音るんるんとは違うヘンな音ふらふらが出たりもしたんだけど、とにかく強気で押しました。「自分は間違ってない」と思って、そりゃーもう、さも自信ありげに(大笑)


次のお題は『枯葉』です。設定キーはAマイナー。基本的には♯や♭が何もつかない=それほど萎縮せずに済む簡単なキーです(笑) 今回もまた同調の『ジャズ・エチュード』を参考に、いろんなフレーズを試してみようと思います。ホンマに今さらってカンジなんですが、ようやく自分に合う宿題のやり方を見つけたかもって気がしていて、次に練習するのがすごく楽しみです晴れ


と言うか、これから「エチュード吹き」がマイ・ブームになりそうな気がします(´∀`)アハハ


そうそう、エチュードで思い出しましたが、この前ひょんな事がキッカケで『ラクール』というエチュード集を吹く演劇機会がありました(センセイごめんなさい、昨日ご報告するの忘れてました。。。。)


正しくは『ラクール:やさしく漸進的な50のエチュード』というタイトルの、2巻だて手(チョキ)のエチュード集で、それぞれの巻に25曲ずつ、ごくごく基本的なエチュードが掲載されています。ピアノで言う『バイエル』、コーラス部時代にやった『ソルフェージュ』みたいなモンでしょうか。提示されたオタマジャクシの難易度から見れば、



ぜんっぜん難しくない(って言うか、楽勝すぎる・笑)



のですが、表現方法(やれここはピアニッシモで吹けだとか、やれここでクレッシェンドをしろだとか)にこだわると、



アホみたいに難しいil||li _| ̄|● il||li



オタマジャクシがめちゃめちゃ簡単なぶん、自分の音がすごーく貧相に聞こえて、なんだか恥ずかしくなってくるんですよね( ̄Д ̄;; 自分が普段、いかにオタマジャクシだけを追って素っ気なく吹いてるかって事を、イヤというほど実感しました(苦笑)


この『ラクール』は借り物だったんですが....このまま持ち主にお返しして終わり、っていうのはあまりにも悔しすぎるので、マイ『ラクール』を買って練習してしまいそうです。


うん、きっとやるなこれは(笑)
posted by Amanda at 12:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

Amandaサンひらめいた?

週末はいつもどおり、基礎ルーティンと、『いそしぎ』の練習。この前のレッスンで「『ジャズ・エチュード』に出てきたフレーズとか使ってみてもいいしね」というアドバイスをいただき、ふと



「『エチュード』って何?」



という、今さら何言ってんだ的な疑問(愚問?)を持ったAmandaサン。ホンマ今さらやわ(苦笑)


「エチュード」って言葉は知ってるけど、実際に辞書を引っ張って定義を調べた事がない。とゆーワケで、ウィキペディアで検索してみました目



『声楽や楽器演奏の習得、また特定の技巧の向上を目的に演奏される楽曲。練習曲を参照のこと』本



へぇ、練習曲って事なんやわ....サンプル的存在ってカンジ?


突然興味がわいたので、『いそしぎ』と、同調の『ジャズ・エチュード』の楽譜を並べて小節毎にさらってみると....出るわ出るわのネタの宝庫。コード進行までそっくりときたもんだから、試しに『いそしぎ』と『ジャズ・エチュード』を4小節ずつ交互に吹き比べてみました。でもって、『いそしぎ』の途中からエチュードにワープしてみたり、しばらくしてからまた『いそしぎ』に戻ってみたりして、2つの楽譜を行き来しながらランダムに吹いてみたんだけど、これまた曲としてキッチリ成り立っちゃうワケなんですよ。


吹いてすっかり感動。
すっごい互換性アリアリなんやもん。



なんか、自分の中ですっごいぴかぴか(新しい)ヒラめいた感ぴかぴか(新しい)がありました。
「『今までに習った事はすべてアドリブに使える』っていうのは、こーゆー事だったんだ」と。


理論上は理解してたけど、実際にどう混ぜ込めばいいのかが感覚的にイマイチよくわかんなかったし、何よりも、『ジャズ・エチュード』のフレーズやコード進行をおさえておけば、レパートリー集の曲を吹くときに、こんなにいろいろ応用できるんだって事に、全然気付いてなかったんですよねー。なんせ今まで『ジャズ・エチュード』ってのは「ひとつの曲」として認識してただけで(それはある意味正解なんだけど)、それを土台にしていろんな曲に活用してみようなんてコト、これっぽっちも考えた事なかったから。


せっかく『エチュード』なんだもん、活用するべきモノだったんだなぁと、今さらながらハッキリと気づきました。なんで今まで理解できなかったんだろ....(苦笑)


とゆーワケで、アタシの『いそしぎ』のアドリブ、チロッと聞いただけで『ジャズ・エチュードA』と、Kenny Gが吹いてる『いそしぎ』が元ネタだなってコトが、きっとすぐにわかると思われる....めちゃめちゃネタいただきましたもん(笑)


なんかよくわかんない文章になっちゃったケド(苦笑)、Amandaサンがなんかぴかぴか(新しい)ヒラめいたぴかぴか(新しい)んだなぁ、っていうオハナシでした(;´Д`)ノ
posted by Amanda at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

強気でゴーゴー。

「Bからやってみよっかぁ」


って、え、いきなりっスか!?


Bとは、今回から新しく基礎ルーティン課題に加わった「Bメジャー」のコト。危なっかしげだったけど、火曜にもスタジオ借りて練習した甲斐があったのか(笑)、なんとなくカンジはつかめてきた様子。とりあえずスケールは2オクターブ半×2往復、スイスイ吹けるようになったし。


と言ってはみたものの、3度飛ばしで吹く時に、サックスが出せる一番下の音域「ラ♯」を吹き忘れ....っつか、「ラ♯」がある事そのものに気付いていなかったAmandaサン(爆)普段は「シの♭」として意識する事が多いので、「『シ♭』と『ラ♯』は同じ音」というイメージが、イマイチすぐに浮かびにくいカンジ。


アルペジオは、アタマの中では和音を一応きっちり組み立てられてるので、あとは指の慣れかなぁ。


「今日は全部やらなくてもいっかな」と、昨日のレッスンでは、基礎ルーティンはB、A♭、Eの3バージョンだけをやりました。その代わり「じゃあ次はA♭で....」みたいなカンジでランダム指定されたので、なんだか抜き打ちテストメモみたいな気分でした(笑)


その後は、レパートリー課題だった『いそしぎ』を、メロディ・フェイクるんるんつきで。フェイクって、楽譜に本来書かれてある音に、ほんの一瞬だけ装飾音とか、グリッサンドとかで、ちょっとした飾りを付け加えて、楽譜どおりよりもゴージャスっぽく聞こえるようにする、というワザのコトなんですけどね。


フェイクするのはキライじゃないので、まだなんとか冷静にこなせてる状態ではあるんだけど、実は吹きながら楽譜の数小節先をサッと見て、「あーここで使えそう」って思いながら、待ち構えて吹いてるカンジ。まだちょっと余裕がないかなぁ。でも最近、CDの曲を耳コピー耳して遊んだりする事が増えてきたので(←『有意義な遊び』と呼んでください・笑)、そういうコトしてるうちにフェイクにもどんどん慣れてくるんじゃないかなって、思ってるトコロです。


「うん、なんかイケそうやね。とりあえず、4小節ずつアドリブやってみよっか」
「あ、来ましたね(笑)」


とゆーカンジで、4小節毎にセンセイと交代でアドリブを吹くことに。4小節って、時間的にほんのちょっとだから、「うえっ(吐)」とか思わずになんとか吹けた(;▽;*)


「ふんふん、じゃあ次は8小節でもイケるんちがう?」


8小節か〜、頑張ってみよ。。。。間違ってもいいから『ショボい音はアカン!』ちっ(怒った顔)


『ショボい音はアカン!』っておまじない、すっごい効くみたい♪ おかげでヘンな音ブッこいちゃっても、ひるまずに頑張りとおせましたっ!!! ゚+.(o´∀`o)゚+.゚ 実はちょいちょい負けそうやったんやけど(笑)


交代で吹くと、聞いてる時に「あーこういう吹き方があるんやわ」っていう発見があって、さらに「次の順番の時にちょっと似たようなカンジで吹いてみよう」って、チャレンジしようとする気持ちが出てくるから、なんかいいですネ。で、実際に自分自身でチャレンジしようとすると、聞いてるだけの時よりもアタマに入りやすい。一石二鳥手(チョキ)どころか、何羽でもつかまえられそうな勢い(笑)手(チョキ)手(チョキ)


次回のレッスンでは、Amandaサン一人で全てのアドリブパートをやります。弱気なAmandaサンが出てこないように、強気で強気で〜〜♪
posted by Amanda at 12:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

頑張れ運動神経。

前ログにも書きましたが、基礎ルーティン課題として新たに加わった「Bメジャー」を、この週末に初練習しました。Bメジャーには♯が手(パー)5つ。単にEメジャーの「ラ」の音が半音上がった右斜め上だけやと考えれば、全然たいしたコトないんですが....


指はそうもいかない il||li _| ̄|● il||li


ちっともウマいこと動いてくれないんですよねー(苦笑)アタシの脳と運動神経は、果たしてちゃんと連動してるんだろーかと、ついつい正常である(ハズの)運動機能を疑ってしまいたくなります(あはは) 「ラ」の音に近づく度にパタッと指が止まってしまうだけでなく、直前の「ソ♯」の運指までもが、ありえない間違いを犯しだす始末。


明らかに運動神経を刺激するパルスがー(長音記号1)迷走ー(長音記号1)している証拠です(大笑)


まあねぇ、まだ練習初日だし。もっと練習すれば、運動神経もちゃんと整備されてくるコトでしょう。気長にやります、気長に、ハイ。


んで、今週のレパートリー課題『いそしぎ』 2年前ぐらいにアルトで一度やったので、「あーあーそう言えばこんなんやったわぁ」と思いながら、再びトライ。


....という状況なんですが、一つ問題が。


書きリブ(←楽譜に書き起こされているアドリブを『書きリブ』と言うそうな・笑)部分に、異様なほど高い音ばかり並んでいる箇所があって、ソプラノで吹くと単なる超音波にしか聞こえないコトが判明(痛)これってテナー用の書きリブなのかも....と思って、勝手に1オクターブ下げて吹いちゃってるんですが、こんなコトしちゃっていいんでしょうか?(と、暗にココで質問みたりして。こんなトコロじゃなくて、ちゃんとセンセイに質問しなさいってカンジなんですが・苦笑)


それだけじゃなく、全体的になんとなく吹きにくいような気がしてならず....なかなか指に馴染まなくって四苦八苦のAmandaサン(-公-)お部屋のレンタル時間時計を30分延長させてもらったのに、それでもキリがつかず(泣)


う........これじゃレッスン日までに、「とりあえず、やれるだけの事はやった」っていう、最低限の納得(諦め?・笑)レベルにさえ到達できないぢゃないの!!!!(汗)


明日も練習しよっと(;´Д`)ノ
posted by Amanda at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

Amandaサン右手の危機?

今だかつてレッスン中はもちろん、自己練習中にも満足に吹けたことがほとんどない(泣)という、魔の(!?)基礎ルーティン。


@スケール
A3度飛ばし(ドミ レファ ミソ。。。。ファレ ミド レシ。。。。。)
Bアルペジオ(今んトコ、ルートとセブンスの2つ)


これを、サックスがフツーに出せる音域(=2オクターブ半)の全てを使って吹くんですが、これがまた手ごわいカンジ。きっと世のサックス練習生達のほとんどがヒーヒー言いながらふらふらコレに取り組んでいるに違いない(と勝手に思っている)基礎メニューのひとつであります。


全てのメジャーコード、マイナーコード(各12種あるので、計24種)が、よどみなく吹けるようになるのが究極の到達点なんだろうなと思われる中、アタシがなんとか吹けるのは、まだ9つのメジャーコードだけ。



目標到達率37.5%



....数字にしちゃうと、なんか視覚的に残酷だわねぇ。赤点ゾーンやし( ̄Д ̄;;


でも、そんな基礎ルーティンにも少し進歩が。新たに10個めのコード「Bメジャー」が、今回から宿題に仲間入りしました♪ 今度は41.7%の目標到達率を目指して頑張りますわよ(笑) と言ってもBメジャーって、♯が5つ手(パー)もついてんのよねぇ。
また「(#`皿´) ムキーーーー!」ってなりそう(あはは)


先週のレッスンでナゾが解けた『吹く時の手のカタチ』も、なんとなく断続的に意識ができるようにもなってきました。が、サムフックにかける右手親指の位置だけはまだ違和感がちょっと残るカンジ。


「親指って、どのへん(に置くの)がベストなのか、まだよくわかんないんですけど....」
「(親指を置く位置が)深すぎへんかったら大丈夫やで」
「指の真ん中やったら、骨に当たってめちゃシビれるし、かと言って指先に近くなったら、指がカクーンって曲がって支えられへんし....」


という、ワガママ言いたい放題のセレブな生徒・Amandaサン。あー言えばこー言う....



アンタはカメハメハ大王ですか!!! (;・∀・)



あ、でもアタシは雨が降っても雨レッスン休みませんから〜 (´0ノ`*)おほほほ



で、ソプラノを吹き始めて以来、センセイはよくこうおっしゃいます。


「腱鞘炎になったら困るから、あんまりムリせんでいいよ」


サックスで腱鞘炎ですか!?!?!
うっそー、そんなんあり得へん!!!!!



....と思っていたんですが、実は今日



右手首、めちゃめちゃ痛ダルイんですけど。。。。。。。。( ̄△ ̄;)



本日の業務、PCのマウスは左手操作でございまーす(って言うか、気をつけます・苦笑)



posted by Amanda at 12:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

おまじない。

昨日は、今年初のレッスンでした。教室が入ってるビルの1階にあるドラッグストアで買ったお茶が


今ハヤリの受験合格アイテム・『受かっ茶う』


アドリブのゲン担ぎに選んでみました....って、



ウソ( ̄▽ ̄!)



たまたま手に取ったのがソレだっただけでーす
(まだソコまでは思いつめてない....(;・∀・))



いつもどおり最初は基礎ルーティンから。1コ前の↓ログに書いた「余計な音が出る」っていう症状は、どうやら右親指の、サムフックのかけどころが深すぎるのが原因だったようです。これまで特に何も考えずにそうしてたんですが、管体をしっかり支えようという気持ちが強すぎたのか(!?)、親指の付け根に近いところで思いっきりバフッとひっかけてた(ひっかけまくってた)んです。


「右手がちょっと握りすぎってカンジかなー」


指の付け根に近いところで管体を支えると....→必然的に、指手(パー)が平べったい置き方になってしまう→キーを押さえたり離したりしにくくなる→キーを離すタイミングがズレる→余計な音が出やすくなる、という連鎖反応が起こっていたのでは、とのコト。で、これを攻略しようと思ったら....


@親指の付け根ではなく、第一関節あたりを中心にしてサムフックに引っ掛ける
A指のハラではなく、もっと指先でパールを押さえるようにし、手を「卵を優しく握るような形手(グー)」にする



というふうにするといいようです。


あと、音を出そうとする意識の現われなのか、管体やアゴを上げ右斜め上下げ右斜め下するクセがあるみたい。確かに、吹いてる時以外でも、低音を出そうとする時は無意識にアゴをひいちゃったりしますよね。うーん、年末にもチェックされたから、なるべくそうならないようにしてたんやけどなぁ(;´Д`)


また練習の時にジックリ取り組んでみようと思います(´∀`)



そしてその後は、フェイク&アドリブ三昧の(笑)『Fly Me to the 三日月



オイラ絶対に怖くないゾ o(`д´ 。)
間違っても、怖くない怖くないコワくない!!o(`д´ 。) o(`д´ 。)
間違っても、音が「すぅーーーーっ」て、ちっこくならない!!o(`д´ 。) o(`д´ 。) o(`д´ 。)

って言うか、オイラが「これでおおてる(=合ってる)ねん!!」って言えば絶対やし
ヘンな音出ても、それで「おおてる」って主張したらええねん
『ショボい音はアカン』!!

Amandaサンに栄光あれ。。。。。



って思って吹きました(アホか)


『栄光あれ』が効いたのかどうかは不明ですが(笑)、なんとか吹ききりましたよ(´∀`)v 易しめの曲だったっていうのもあるのかもしれなけど、『当たって砕けろ』的な(!?)気分で吹いたからなのか、なんかよくわかりませんがスッキリしたような気が....確かにヘンな音も出てたような気がするけど、あんまり気にならなかったし。


『ショボい音はアカン!!』が、なんだかアタシにとってのおまじないになりそうです♪


posted by Amanda at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする