2012年11月05日

(-公-)

( ´ω`){ドモ


今年の発表会のお題は、T-Squareの『It's Magic』という曲です。ホントは歌ものなんですが、歌なしの伊東たけしサックス・バージョンを耳コピーして演奏する事にしました。


演奏時間:ほぼ5分。うち、サックスのソロ・パート:1分ちょい。


この、1分ちょいのソロ・パートに、かなりヤラれているわけです。とにかく速い。音数が多い。ひたすら16分音符で『ダ〜〜〜〜〜』みたいな(lll´Д`)←どんなんや


昨日、お部屋にこもって、1分ちょいの部分をひたすら練習してました。(2時間かけて1分ちょいを練習するっつーのも。。。。苦笑)


ちょっともー、ホンマにねー、ヘコみますわ。あまりのデキの悪さに。。。。。il||li _| ̄|● il||li



この時期で、この出来栄えは、



かなり「ない」




もっと吹けるようになってなきゃいけないのに。


そんなこんなで、『焦る。練習してもうまくいかない。ますます焦る。ヘコむ』という最悪のループに陥っている今日この頃。こんなにキツい発表会の練習って、今までになかったと思う。


間に合うのかなー。
かなり不安なんだけど。


おかげで、他のアンサンブル曲とか、まったく手ぇつけてないし。。。。。。(汗汗汗)
posted by Amanda at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

はたして。

( ´ω`){ドモ


先週はレッスンがお休みだったので、おとといは2週間ぶりのレッスン。


引き続き、耳コピーしたアドリブ部分の確認。とりあえず自力で耳コピーしたものに、センセイが修正をかけてくださって、完成形に近づけていく、というやり方です。


でも。。。。。。


私の耳コピーがあまりに正確さを欠くため、ほとんど作り直してもらってるような状態(爆)


テンポが速いうえに、音符がすごく細かいから「そんなフレーズ、シロートが楽譜に起こせなくて当たり前」という見方もできるかもしれませんが、それでもやっぱり「あー、全然聞き取れてないな」って、すごいヘコむ。書き起こした譜面が、みるみるうちに赤だらけになっていくのを見ていると、すごく情けない気分になります。


いや、それだけでなく


これだけ見事に自力で仕上げられないのに、この曲を選んだのは本当に正しかったのだろうか…と、思ってしまう。


だって、本来は、さ。

ベストを尽くして自分だけのチカラでやってみる。

どれだけ努力しても、どうしても解決できないところがある。

どうしようもなくなって行き詰って、そこで初めて
「これってどうしたらいいんでしょうか?」って、アドバイスを求める。

....っていう方法が、スジのような気がするんですよね。


でも今回は、最初っから助けを求めてるような状態だし
すごい甘えてる。
自力でやりきれてない自分に対して、モヤモヤする。


もっと自力でやりきれるレベルの曲を選ぶべきだったのではないかなと、練習の度にそんな事を考えてしまう。


うーん。
どうなんだろう、この選曲。

posted by Amanda at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

撃沈しすぎ(苦笑)

( ´ω`){ドモ


11月にある発表会で演奏する曲を決めまして。


案の定、今年もまた耳複写をする事に(苦笑)


しかも、これがまた


そこそこのテンポである上に、16分音符のオンパレードで(顔青)


「(耳複写は)きっと難しいだろうなあ」と、それなりの覚悟はしていたけれども、実際に耳で音を取り始めたら、まったく歯が立たない llllll(-ω-;)llllll


それでもとりあえず「比較的簡単そうな部分だけでも」と思って、頑張ってみたけれども


昨日のレッスンで確認してもらったら、7割ぐらい取り違ってて llllll(-ω-;)lllll(-ω-;)llllll


レッスンの最後には、書き起こした譜面が、見事なほど赤修正だらけになって(深沈)


なんかもう、それでヘコんだ(撃沈)



でも、そもそも別にこんな事しなくてもいいんですよ。発表会なんだから、自分が好きなものを吹けばいいわけで。ロクに自力で聞き取れないようなものをコピーして吹かなくても、自分で書きソロ作るのもアリなんです。


けど今回は、ソロ部の耳コピーに強くこだわった。
なぜかと言うと、今年の発表会に参加するにあたって、テンポの速い16分音符が含まれたフレーズを練習したいという気持ちがあったから。
早いテンポでバラバラ吹くのがどうしてもできないから、できるようになりたい、っていう目的があったんです。


とにかく昨日は、自分の耳コピーのできなさ加減に悲しくなるやら、腹が立つやら。


練習の序盤からこんなんで、大丈夫なんだろーか。。。。。。(-公-!)多難


posted by Amanda at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

↓↑な気分。

( ´ω`){チハ


2か月半のご無沙汰。


実は長らく、どうしようもなく「やる気」が出ませんでした。とりあえず練習はするけど、前ほどの熱意がわかず、面白味を感じる事ができないまま、数ヶ月を過ごしていました。


基礎練習をやっていても、「私は一体何をやってるんだろう。これをやって、何の意味があるんだろう。」と、そんな考えで頭がいっぱいになり。


レパートリー課題をやっていても、「仕上がって....で?なに?」みたいな。


かと言って「こんな曲をやってみたい!」という気持ちもわかない。とにかく、何をやるにつけても「これを練習して、吹けるようになって、私はどうしたいんだろう」という気持ちばかりで、集中なんてできやしない。音楽を聞きたいって気持ちにもならない。(扱いづらいやっちゃな・苦笑)


気持ちがここまで落ちたのは初めてだったので、我ながら、かなり深刻だなあと。


どうしようもなくなって、考えすぎてしんどくなって
で、半月前に、たまたまレッスン後の会話の流れで
「こんなこと言っちゃっていいのかな」って、ためらいはあったけど
思い切って、センセイに気持ちを吐き出してみました
「『私なにしてるんだろう』って思うようになった」と。(はけ口にしてしまってスミマセン。。。。(ノω・、)


特に「じゃあこうしよう」とか「これをやろう」とかいう、決定的な解決方法を得たわけではないのですが
数ヶ月間、一人で悶々としていたものを外に出して、それでちょっと落ち着いたのか
気持ちを持ち直させることができました。


まだ頑張れそうです。


タイミング良く、発表会の時期が近づいてきました。
これで、練習をするための明確な目的が持てます。
また今年もチマチマと耳複写しなきゃならん可能性が大ですが(苦笑)
モチベーションを保つ、いいきっかけができてよかったです♪

posted by Amanda at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

底打ち、か?

( ´ω`){ドウモ


前回の暗いエントリから数週間が経ちました。。。。


どうやら、ようやく底を打った模様(のような気がする。)


やたら難しかったスケールやインターバルも、結局ひたすら意地になって練習し続け(-"-;)(-"-;)(-"-;)、なんとなくですが、形になってきました。「ムリにやらなくてもいい」と、言われてはいたのですが、性格上、こういうのをできないまま放置させると気持ちが悪くてしかたがないので....まさに「根性でねじ込んだ」という表現がふさわしい練習風景(苦笑)


なんとかメドが立ちそうなとこまでこぎつけたので、「引き続き練習をする」という感じで落ち着きました。


次はペンタトニックスケールを使った基礎課題。どうやら以前もやった事がある課題らしいのですが、やった記憶がない....(爆) でも、週末に練習をしてみたところ、ところどころは指が勝手に動いてくれました。なので多分、以前に課題として取り組んだ事があるんでしょう。←ホントに覚えていない(;´Д`)苦笑


でも、ですね。


この『記憶はないけど、指が勝手に動いてくれる』っていうところ。こういうのを実際に体験すると、やっぱりこの本に書かれている事はウソではないのかなあと思わせられます。


コツコツ練習やってりゃ、そのうち実になる、の、かな。。。。


レパートリーは、なにかといろいろやってます。


この週末、練習をしていて、久しぶりに『吹くのが楽しい』と思えました。この感覚、数ヶ月ぶり。。。。。


ここんとこずっと、自分の中で『吹くのが義務』みたいな気持ちにさえなっていたので、楽しい気持ちが取り戻せてよかったです。


うれしい。

posted by Amanda at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

どうしたもんか。

( ´ω`){ドウモ


前回のエントリから3ヵ月半。ずいぶんと放置してたなあと思って、さっき、前回のエントリを読み返してみました。ずいぶん暗いコト書いてる(苦笑)


教習所を卒業して、めでたく(?)運転免許も取得し、サックスの練習に集中できる環境が戻ってきました。


が。


糸が切れたタコが、どっかへ飛んでったかのように、モチベーションがさっぱり戻ってこない。
練習に集中できない。
練習そのものが楽しくない。


かなり重症。


今も、♯や♭がてんこ盛りのスケールやらインターバルやらを練習していますが、(私にとっては)難易度が高く、どれだけやってもうまくならない。性格上、できないまま放置するのは気持ちが悪くてイヤなので、半ば意地になって練習する。気がついたら1時間とか、1時間半とか、それぐらい平気で過ぎてることもよくある。練習中、一向にうまくならなくて、イライラして意欲喪失していくのが自分でわかる。けど、放っておけない。そのうち、「私なんでこんな事やってんだ」と、練習そのものの意義がわからなくなってくる。


このキー、もう一ヶ月以上練習してるのに
なんでこんなにできない?


おととい、思わず言ってしまった。「この練習をする意味がわからない」と。


あとで「ああ、アホなこと言うてしもたな」と思いました。
いや、わかってるんです。頭では。
これまで基礎練習をたくさんやってきて、それに助けられた事は数え切れないぐらいあるし
曲を演奏する時、基礎練習でやった運指がたくさん出てくるから
すべては基礎で成り立っているというのも、これまでの体験からわかっているつもり。


なんか、何書いてんだかよくわからなくなってきたけど。
とにかく。
頭ではわかってても、気持ちがついてこない。


気持ちは「やるのが面倒だ」を通り越して「やりたくない」の領域に入っている。
楽譜を見るたびに「ああ、またこれか」とウンザリしてしまう。
でも、重要性はわかっているから「いやいや、やらなあかん」と、頭がそれを制止する。
無理やりやるから、身につくものも身につかない。


これはまずい。


で、気分転換になんか曲でも吹こうかな、と思ったりもするけど、吹きたい曲がない。前はiPod聞きながら一緒に吹いたりもしてたけど、そこにさえ面白味も感じなくなっている自分に愕然。


どうした
どうした私


実のところ、先月あたりから「いっそのこと1ヶ月ほどレッスンをスパッとお休みして、いったんサックスから離れてみようかな」という考えがチラチラッと頭をかすめるときもあります。


「あんな事をしてみたい」とか「こんな曲が吹きたい」とか、明確な目的や目標がないから、こうなるのか。
「吹きたい曲ある?」って聞かれても、特にない。
息もロクに入らないから、音をパーンと飛ばせなくなってる。
姿勢も悪いし。
(たぶん、姿勢が悪いから、息が入らなくて音が飛ばないんだろうな。)


とりあえず、明日も練習するつもりではあるけど…こんな気持ちで練習しても、効果ないかも(-公-)


なんらかの突破口が欲しい.....。


こんなクラい事書くのもどうかと思ったけど、書くことによって今の自分がどう考えているのかを客観的に見るためのblogでもあるので、あえて書いてみた。
posted by Amanda at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

うぬぬぬー(-公-)

( ´ω`){ドモ


更新すっかり滞る2012年(爆)


いちおう、レッスンには通っています。今のお題は


基礎トレ:ハーモニックマイナースケール


各キーとも @スケールA3度インターバルBアルペジオをセットでやっているので、もうずいぶん長い間これに時間をかけてます。


レパートリー:なんかいろいろ(笑)


テキスト全曲制覇したので、センセイが他の楽譜等からいろいろと見繕ってくださってます。ロバータ・フラックからナベサダまで、ノー・ボーダーってカンジで。




あとは....私のモチベーションの問題でしょうか。




あきません。どうもあきません。




本格的にヘタってます il||li _| ̄|● il||li





集中して練習できない llllll(-ω-;)llllll




前のエントリにも書きましたが、年が明けてからの毎週末、車の教習所に通っていて、それを軸に生活が回る、という状態なもので....朝イチで教習所→午後から始まる学科教習までの空き時間にサックスの練習、みたいに、教習所の講義の合間にやってるありさま。


....んま、これも、教習所とサックスの教室との距離が徒歩20分(教習所の送迎バスを使えば、移動時間わずか10分)という位置関係だからこそなせる荒ワザなんですが(笑) 毎週みごとなほど変則的かつゲリラ的に「お部屋貸して〜(lll´Д`)」と電話しているにもかかわらず、快く練習部屋を貸してくださるスタッフさん、ありがとう!ホンマにありがとう!!(多謝)


そんな練習状態なうえに、マッピとリードの相性が原因か、はたまた私のアンブシュアが崩れ気味なのか、最近また中音域〜高音域でピーピー言い出して。



問題山積み il||li _| ̄|● il||li



満足に練習もしてない・満足に音も出ない・当然ながらレッスン中も全然うまくいかない・イライラする・モチベーションへの影響大、と、おそろしいほどうまいこと負のスパイラルに乗っかっているAmandaサン。


時間をうまく使いこなせない自分に腹が立つし
レッスンで「練習できませんでした」って言うのが、なんかすごく申し訳ないし
満足に練習できてないのに吹かなきゃいけないのも、すごくイヤだし


『音楽』なのに、全然音を楽しんでない


テキトーにやり過ごしてしまお、ぐらいの(いい意味で)大きい気持ちがあれば
「できてないよ私。あははー」みたいに、自分自身を笑って楽しくやっていけたりもするんだろうけど
うまくできない自分自身の姿を見るのがイヤな私は
(多分、見栄っ張りなんだろうな)
たとえどうしようもない状況であっても、うまく見せよう、うまくやろう、と、思ってしまう
んで、できなかったらヘコむ
なんか、自分で勝手にアセって失敗してヘコんで、わざわざ疲れようとしてる感じ


うーん


この状況を解決するためには。。。。。。


とっとと教習所を卒業すればいいんだな(笑)



posted by Amanda at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

思い出した。

( ´ω`){ドウモ


お久しぶりでございます。


今週から来週にかけて、キャンディねえさんの来日ツアーが開催されています。とりあえず(←『とりあえず』という事は、当然のごとく他の日にも行くわけで・笑)初日の名古屋公演に行ってきました。



ところで、ちょっとハナシがそれますが



今年に入ってから、自動車教習所に通い始めまして。



今や私の生活は、かなりの割合で教習所関連に重きが置かれています。なので、どうしてもサックスの練習が後回しになりがち。全然練習しないままレッスン日を迎える事も度々で、練習できても1時間だけとか.....「こんなん、練習ロクにしてへんのに、レッスン行ってもムダやん」って思う事も多く、さすがにちょっとつらい。それでも仕事やら家事やらに支障をきたすのはマズいので、結果、かなりいっぱいいっぱいの状態で毎日が過ぎていってる状態。(これでまだエアロ指導まで続けてたら、ぶっ倒れて病院で点滴の針刺されてたかも・爆)


先週にいたっては、レッスン前のウォーミングアップ中、とんでもねー睡魔に襲われて、あろう事かしばらく記憶が飛んでしまったりもしました(爆)


そんなこんなで今、けっこう精神的に負けちゃってて、楽器から気持ちが離れてるなって、自分でもはっきりわかるほど。



(-公-!)



そんな気持ちがしばらく続いてる中で始まった、ねえさんのライブツアー。



なんか.....とてもありがたいです。



楽しそうに演奏してはるのんを見て



「あーそう言えば私、ねえさんのあんな姿に憧れてサックス始めたんだったな」



って、改めて思い出しました。



あんなふうに吹きたいなーって、思ってたんやったわ。



音楽は楽しいもんやって事を、久しぶりに感じたような気がしました。



posted by Amanda at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

発表会の真剣なウラ話。

★このエントリは、発表会の番外編です。本編は、ひとつ前のエントリをどうぞ


今年は、演奏後に、司会進行も務めさせていただきました。発表会は3部構成で、私は第3部を担当する事に。


「司会やってくれへんかなあ?」と頼まれて、「いいですよー」と軽くお引き受けしたのはいいんですけど、



司会進行って、難しい llllll(-ω-;)llllll



スタジオインストラクターを長年やっているのもあって、マイクの扱いには慣れているし、その場の雰囲気や状況次第で対応を変えるのも、レッスン中ではよくある事。そんな感じで、司会進行とエアロのレッスンとは、けっこう似ている面があります。


それでもやっぱり、マイクの扱いに慣れているだけじゃ務まりきらない部分も多くて。


プロとして司会やDJをなさっている方が、第1部の司会進行をされていたのですが.....やっぱりスゴい(←プロの方にこんな事言うの、すごい失礼なのですが....)場の納め方とか、声のハリとか、立ち居振る舞いとか、もう全てがスゴい。


あー、プロってすごいな.....って思いました。


司会なんてやった事のない私に、高いレベルの司会進行を求めてる方なんて、多分いなかったと思うし、「無事に最後まで進めてくれたらいいよ」ぐらいのノリで、私に任せてくださったと思うんです。そういうレベルでの司会進行、という意味なら、おそらく私は期待にお応えする事ができたと思います。


けど、なんかこう.....自分の中ですごくモヤモヤが残ってるのも事実で。


もっとこうしていればよかったのかな、もっとああしておけばウマくいったのかな、って、今もまだそんな事考えてる(別に誰もそこまでやれなんて言ってないはずなのに・苦笑)


なんか今回は、演奏よりも、司会進行から受けた影響の方が大きいような気がする(笑)


でも、すごくいい経験だったし、いい勉強になったと思う。
どこかでこれを活かせたらと思います。





posted by Amanda at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発表会終わったー。

( ´ω`){オツカレス


発表会、無事に(なのか?)終了しました。


今年も、プロのプレイヤーさんや先生方による生バンド演奏の強力サポートで、私達は楽しく演奏させていただく事ができました(毎年ありがとうございます!)



でも、うーん.....



実はですね、







2日経っただけなのに、もう演奏の記憶がないんです(爆)







というのも、出番が終わったあと、今回は司会進行役も引き受けていまして。そっちの記憶で脳が完全占拠されてしまったんです(爆) だから、演奏については、録音したものを聴いて「ああそういえばそうだったかな」みたいな程度にしか覚えていません。


録音したものを聞くと、前半では、普段なら滅多に起こらない箇所でのイージーミスが多く、いつになく緊張してたのかな、という印象。後半に進むにつれて、調子が戻ってきたような感じでした。あと、本番はアドレナリンが全開で湧き出てくるのか、管体を支える右腕のダルさをほとんど感じる事なく吹き終えられました。練習の時はいつも、途中で右腕がダルくなってきて、ひーひー言いながら吹いてたんですが....さすが本番、火事場のなんとか、ってヤツなのか。


あと、曲のエンディング....


当初の段取りでは『私が合図を送った8小節後に終了』という事になっていました。





なっていた、のですが、





合図を送って8小節後....





伴奏が終わらない(汗)





ひぃぃぃやぁぁぁぁぁぁーーー
終わらへんーーーー






と、一人で地味に焦りつつも『なんとかせな(汗)』という意識はやたら強く働いたのか、わずかにアドリブ(!!)


そしたら、ものすごイケてるタイミングで伴奏が「じゃーん」と終了(心底安堵)


でもこれ、冷静に考えてみると、当初予定していたエンディングよりもいいシメ方になったような気がする....(笑)



打ち上げの席で、伴奏してくださってたベーシストさんに、この地味〜〜なハプニング(笑)のお話をしてみました。



「合図したけど、終わらなくって、アセりましたー(笑)」

「あははー。まっ、そんな事もあるよ。それがナマのライブ(笑)もしかして、ドラムの席から(合図が)見えてなかったのかなあ?」

「あ、そうかもしれない。合図が中途半端だったのかも」

「それはあるかもね。思いっきり後ろ向いて合図するのもアリやと思うよ。そういう場合は」

「んー、それも考えたんですけど、マイクから離れちゃうと、マイクが(サックスの)音を拾ってくれなくなるでしょう?」

「でも、その時点で一番大事なのは『終わるための合図をする事』やから、最後の一瞬ぐらいなら、マイクから離れちゃっても構わないよ」

「.....そっか」

「合図しないと、次にどうすればいいのかが、わからないからね」



そか。
こういう場合は、思い切って合図したらいいんやわ。。。。。



いいアドバイスいただけちゃいました。ありがとうございました〜大感謝♪♪ ホントにちっちゃなポイントだけど、プロの方からこうしてアドバイスいただけるのって、すごく貴重な事だし、すごく嬉しいです。絶対に次に活かそう!って思います。


来年の発表会の事なんて、まだ全然考えてませんが(←当然か・笑)もし参加するなら、絶対に今より上達していたいです。


あと、今回ガッツリ練習したおかげで、ソプラノを吹く楽しさがわかってきたので、このままもうしばらくソプラノの練習を続けたいなっていう気持ちもあります。





あ、そうそう。





KennyGの曲はオニです(笑)



すごくキレイな音色で、耳に心地いいメロディラインの曲が多いので、聴いてる限りじゃ、すごく優雅でゆったり気分になれるんですが.....実際に吹くと、もうオニのよう(;・∀・) ブレスの場所がないし、吹きっぱなしで休む場所もない、パッセージもむちゃむちゃ細かいという、ゆったり系なイメージに見えて実は超体育会系(汗) 実際に、息が吸えなくて倒れそうになった事、数知れず。


まっ、ドMな私にはピッタリなんですけどね(大笑)


なんだかんだ言っても、彼のメロディは耳に心地いいですから♪ 他の曲もまた練習してみたいなと思います(たとえオニでも・笑)


たくさん上達できるように、また頑張ります。


posted by Amanda at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ソプラノ練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする