2011年07月14日

読めん!!!

( ´ω`){ドウモ


ここしばらく、吹くのがしんどかったです。なんかもう、息苦しい。「最近しんどいわー、なんでやろ」と思っていたのですが....


「梅雨はねー、湿気が多いから、リードが大変なのよー」とはセンセイの談。


そか、そうだよねー(そこに気づかなかった自分が....(;・∀・)苦笑


今は、『Pick up the Pieces』を練習中です。昨年の発表会でも演奏したのですが、当時は『ハモるパート』を担当していたので、主旋律&アドリブパートを演奏するのは、今回が初めて。


曲の雰囲気とか、勢いとか、そういうのは特に問題ないです。なんせホンモノをCDで何百回と聴いてきましたから(笑)



それよりも問題なのが。。。。



楽譜が読めない(爆)



高音域の『レ』と『ファ』って、瞬時に読みわけられますか?



え?できる?



すごーい(;・∀・)笑



アタシ、どっちなのかすぐにわからんのです。『上第○線』とかって、いっぱい線が引かれてたら、一瞬ひるんでしまう。


このほかにも、低音域の『ラ』と『ド』.... オタマジャクシが第2間にいるのか、第3間にいるのか。特に楽譜がちょっと小さかったりなんかすると、見にくくてすぐに読みわけられない。


「それ、歳とって目が弱くなってるんちゃうのん」とか思うでしょ?


いやいや、小学生の頃からずっと苦手でした。(って、別にわざわざ主張するところでもないんだけども・苦笑)特に、初見で弾かなきゃならん時は、ほとんど勘で読み分けながら弾いてましたかねー。まさに『なんとなく』ってカンジで。


テキトーな子供時代でした(あ、今もか・笑)

posted by Amanda at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

昨日の夜の出来事。

( ´ω`){ウース


ちょっとだけ、昨日のレッスン・レビュー。


マイナーセブン・フラットファイブ
→既定テンポ80まで、もうひといき。上がりはいいけど、下がりが難しい。もうちょっと要練習。


『Take the A Train』
→週末練習の進み具合から、もう一週間持ち越すかなあと思ってたんですが、意外にすんなりオッケーが。


次回からのレパートリー課題は『Spain』です。前回はソプラノで練習しましたが、今回はアルトで。楽譜もキーも変わって、心機一転なカンジです。


ところで。


昨日は一日中、雨だったんですよねー。でも幸いにして、アタシがレッスンから帰る時、雨は止んでました。「じゃ、今のうちに♪」とばかり、いそいそと家路につくAmandaサン。


しかし、そこでハプニングは起きた(じゃーん)



昨夜のAmandaサン、ずいぶんと履き古されたブーツを履いてまして。靴底がかなり磨り減っているので、地面が濡れてると、結構すべるんですよねー。



で、人気(ひとけ)のない坂道を歩いて下ろうとしたその時.....










踏み出した右足が滑った。










その時アタシは、右肩にカバン、左肩にサックスケースを担いでたんです。


いつもだったら、慌ててバタバタッと足を動かして、転ぶまいと踏ん張るんですが、それよりも何よりも「キャンディが変な風に落下するとマズい」という意識の方が強く働いたらしく。



何の抵抗もしないまま、滑るに任せて、こんな状態でスーッと地面に着地。










100602.gif










ハードラーズ・ストレッチ体位!!!!!笑











もちろん、両肩にはカバンとケースがかかったままの状態です。


そして、この体位のまま、20cmほどスライド。。。。。


キャンディは無事でしたが、履いていたパンツの右膝部分が破け、右膝を思いっきり擦りむいたうえに、肉の一部が掘れるという、ちょっとしたオカルト・テイストな出血劇を繰り広げた昨日の夜〜♪


破けたのが、ユニクロの安価なパンツでよかったです(笑)

posted by Amanda at 17:20| Comment(4) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

A列車・再び。

( ´∀`){ドモ


久しぶりの即時レッスン記録(いつ以来だ)


マイナーセブン・フラットファイブ(←なんのこっちゃ、みたいな名称・笑)の修行(!!)が続いています。下の「ド」から始まって、1オクターブ上の「ド」まで半音ずつ上がって、再び下の「ド」まで半音ずつ下がっていく、という、まんべんなくのエニーキー。


『セブンス・コードの5音を半音下げる』と、文字で定義を書くのは簡単なんだけども、吹くとなると、なかなか。まだ「あれー、なんやったっけー」って考えながら吹いてる状態。ただ、数年前にも練習した事があるので、感覚の戻りは早い(ような気はする。)


数年前に初めてこのコードに取り組んだ時は、とにかく慣れるまでが大変で、ものすごイライラしながら練習していた覚えがあります(苦笑) でも、あの時にイライラしながら練習したのは、ムダではなかったな、っていうのが、今になってわかる。少しは体に残ってたんだなあと、今やっと実感できてる感じ。


でも、このキーがどういうコード進行の中にはめこまれているのか、どういう時に使ったら効果的なのか、ってなると....まだそこまではわかりません(;´Д`)ノ アウトプットできるようになった段階で、ようやく自分のものになるんだろうけど。でも、そこまで到達するには、まだまだ時間がかかりそうです。


まっ、急がずにやります。


レパートリー課題『Take the A Train』は、先週あまり練習できてなかったので、かなり自信なさげな吹きっぷり。強弱やシンコペをつける以前の問題で、楽譜についていくだけで精一杯。『A列車で行こう』と、タイトルはカッコいいものの、いっぱい吹き間違えて脱線&車両横転させまくり(爆) レッスン中に、ややこしいフレーズを集中的に練習させてもらえたので、レッスン終了間際には、なんとか途中ギブアップせずに伴奏についていけたかなー、ぐらいには持っていけました。


「....うん......まあ『●宮行き快速急行』ぐらいかなー」


とのコメントを(←Amandaサンとご近所の人ならわかるローカル路線・笑)


各駅停車じゃなく、快速急行なだけまだマシ、ということで(´∀`)アハハ


今週末、きっちり練習します♪

posted by Amanda at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

祝、なのか?

( ´∀`){コニチハ


今月から突入




10年目






(((( ;゚Д゚))) ソンナニナルノー




驚くばかりです。



ウチのキャンディも、ずいぶんと減価償却したような年数ですが(←ヘンな基準・苦笑)


とにかく、最近は記録を書き留めるペースもすっかり落ちてしまっていますが、練習は、変わらず細々と、それでいてコンスタントに続けております、ハイ。今は、7thコードのエニーキーとか、half diminishコードのエニーキーだとか、そういうのんを再びコッテリとやらされている挑戦しているところです。ずっと前に練習したけど、もうすっかり忘れちゃってるし(;´Д`)アハハ


んま、忘れても、また練習して思い出せばいいワケで。


最近、いい意味でそんな割り切りがアッサリとできるようになりました。前までは「また忘れてる〜〜(-公-!)」って、しょっちゅう自分にイライラしてたけど、なんかもう、「あー、ま、いっか」みたいな(大きく構えられるようになったのは、歳とった証拠か・大笑)


レパートリーは、『Desafinado』が終わって、次回から数年ぶりの『Take the A Train』です。前回やったのとは楽譜が違うので、前回とはどう違うのかも楽しみ♪


さてさて、10年目の今年度....別に10年目だからってどうこういうカンジではなく


・とにかく基礎をキッチリ練習する。
・歌うように吹く。
・アドリブ怖がらない!



の3本でーす。(サザエさんか)



特にアドリブは、なんと言っても最後は気持ちの問題がキーポイントだと思うので、とにかく尻込みせずに、思い切ってやる。間違っても気にせずにやる。なんでもいいからやる!


テクニカルな面ももちろんだけど、それ以上に「弱気にならない!」というメンタルな面の方を強く意識してみようかな、という気になっています。


10年生、どうなるのかなー。


posted by Amanda at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

がんばった。

( ´∀`){ドモ


昨日は『叔母に愛を』『Mas Que Nada』の仕上げでしたー。


アドリブのところ、頑張りました(鼻息)


全部ひるまずに吹ききれたです(祝)


キーが比較的とっつきやすかった(←Emです)っていうのもあるんですが、普段よく顔を出す「とまどい」がほとんど現れなかったのも、吹ききれた原因の一つではなかったかと思います。ずっと似たようなフレーズになってもいいから、とにかく思い切って吹くぞと、もうそんな気持ちでやりましたし(半分『開き直り』状態だったような気もする・笑)


そんな『開き直り』が功を奏したのか、過度に緊張する事もなく、伴奏がきっちり耳に入ってきて、けっこう冷静さを保ち続ける事ができたように思います。


この時の感覚、ぜひとも覚えておきたいです。


しっかり覚えておいて、次にまた同じような状況になったら、この時の感覚を再現したい。そして、それを何度も繰り返してカラダに覚えこませて、アドリブ敬遠度を低くしていければと思います。





さて、基礎トレーニングなんですが、最近はこんなのをやっています。


110414.jpg



全キーを順番に上ったり下りたり。最終的には、楽譜を見ないで吹けるようになるのが目標なんですが



これ.....



ぜんぜんでけへん(`・ω・´)笑




メジャー・トライアドと、マイナー・トライアドは、比較的簡単に、ノー・ルックでクリアできたんだけども、このお題は.....(-公-!)7thの音がクセモノ。7thがジャマ(!!)「あーれー、なんだったっけー」連発(泣)


来週はレッスンお休みなので、二週間かけて練習してみます。


あー。
イラッとするかもー。゜゜(´O`)°゜。笑




posted by Amanda at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

サンバを踊る米寿の叔母さん。

( ´ω`){ドーモー


書くの、一ヶ月ぶりです(汗)


レパートリーの『St.Thomas』、ここに詳細を書かないまま前回のレッスンでクリア(;・∀・)


昨日のレッスンから『Mas Que Nada』をやっています。特に凝った箇所のない、比較的イージーレベル(だと思う)のアンサンブル楽譜なので、あまりいい表現ではないですが、ちょっとラクしてます(笑) おかげさまで、と言うかなんと言うか、「じゃあ来週は、書きソロの部分は自前のアドリブでやってみましょう」という事になってしまい.....あ、いや、やってみる事になりました(苦笑)


んー、でも、コード進行はEmとA7がずっと繰り返されるだけなので、取り組みやすいキーのはず。弱音吐かずに頑張ってみます。


ところで。


『Mas Que Nada』って、曲そのものは知ってるけれども、曲の背景は全然知らなくて。せっかくなので、ちょっと調べてみました。


ジョルジ・ベンという人が1963年に原曲を作ったらしく、それを1966年にセルジオ・メンデスがカバーして、大当たりしたんだそうです。



へー、そうなんや......



曲は知ってましたが、セルジオ・メンデスが歌ってた、という事を知らんかった..... llllll(-ω-;)llllll 恥


ちなみに、「サンバ最高!」みたいな感じの歌なんだそうです。


センセイは、アル・ジャロウのバージョンが好きだとおっしゃっていました。が、私にとってはこの曲、もはやアカペラグループ「Rag Fair」のバージョン以外の何者でもありません。そのタイトルや、なんとまあ




『叔母に愛を』



いわゆる「空耳アワー」風に、彼らが歌詞をつけて歌っていたんですが......これまた.......(大笑)



叔母に愛を... 叔母 叔母 叔母



だとか(あはは)



一緒にサンバを踊ったおばさん
嘘!? マジ? 歳、米寿?
本当におばさん?




だとか....(あははは)


彼らが歌っている動画や歌詞は、ネット上にもアップされているので、ぜひ検索してみてください♪


来週のレッスンでも、吹きながらこの曲がアタマの中を駆け巡りそうです(´∀`)アハハ/\/ \
posted by Amanda at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

なんでも「慣れ」か。

( ´ω`){ヨウコソ


....って、アタシの方が「ようこそ」って言われるぐらいのご無沙汰ぶりのような気が.....(;・∀・)


ウダウダとblogの更新を留まらせているうちに、おとといのレッスンで『Sax-A-Go-Go』クリアしちゃいました(笑)


前回のエントリを書いて以来、ひたすら吹いて練習してました。しんどさもマシになったので、楽譜に載ってないフィルも追加させる事ができました。もっと吹きこんでたら、もっと吹けるようになったかもしれないけど、今のアタシのチカラと練習回数では、まあこれぐらいなのかなあと。


使っている音の数も少なめだし、フレーズも比較的シンプルなので、「メロディを吹く」という面ではさほど悩む事はありませんでした。が、リズムとか、勢いとか、細かい部分ですごくテクニックが要るので、いつもとは違った面で、すごく練習が必要な曲だったなあと思います。吹けば吹くほど奥の深さを感じる、というか。うーん、やはりねえさん、偉大ナリ。


次の課題曲は、『St. Thomas』です。言わずとも知れた、我らがソニー爺やんの曲(*´∀`) またボツボツ練習します。


レパートリーと並行して、今はエチュードもやっています。先週から今週にかけては、『Blue Bossa』のコード進行で、ボサノバのエチュードを練習していました。


とりあえず、そつなく(笑)こなしてクリア。


「このエチュード使ってアドリブしよう、とか言ったら困る?」
「困ります(´□`|||)」 ←きっぱり(笑)
「(笑)とりあえずやってみよ( ´∀`)」


最後にレッスンでアドリブ演奏したのが、1年ほど前。その時の出来があまりにも悲惨だったので、思いっきり「アドリブなんてキライや!」って言い放ってしまったんです(その時の悔しい気持ち、まだ覚えてますわー)


それ以来、一度もレッスンでアドリブをしなくなりました。「やってみようか」とも言われなくなりました。センセイが意図的にそうされていたのか、たまたまレッスンでアドリブをする機会がなかっただけなのかは、アタシにはわかりませんが。


この1年、レッスンでも週末練習でも全然やっていなかったアドリブ練習。そのうちいつかは必ず「やってみよう」って言われるだろうなあとは思っていましたが、とうとうその日が来たワケです(lll´Д`)


センセイと交互に。3コーラスずつ。



ところどころ微妙なトコもあったけど、キーが簡単だったのもあって、最後まで吹ききれました。


「はー」←ため息
「できたやん、3コーラス目までちゃんと。『おっ、3つ目もいった!』って思ったよ(笑)」
(lll´Д`)(lll´Д`)←Amandaサン、ものすごい汗(笑)


「実際には、自分が思ってるよりも吹けてるんよ。何が足りへんかって言うと、『勢い』なんよ。楽譜どおりに吹いてる時と比べたら、明らかに音量が落ちるでしょ」
「.....うーん、探り探りやし、どうしても自信が......」
「うん。それをね、『楽譜見ながら吹いてるんですよー』ぐらいの気分で自信持ってやればいいねん。それができるようになるかどうかは、もう『慣れ』やからね」


『慣れ』かー。。。。。


人の前でエアロのレッスンをするの、最初は自信なくてスゴくイヤだったけど、慣れて受講者さんをイジれるぐらいに(笑)なった。
契約書の仕事、最初は言葉がわかんなくてヘコんでたけど、慣れて読めるようになった。
仕事での電話対応、最初は出るのがイヤだったけど、慣れてオドオドしなくなった。
マラソン、しんどくて実はレースに出るのが苦痛だったけど、慣れてほどほどに走れるようになった。


思いつくだけで4つのイヤは事に慣れたんだし、もういっこぐらい、慣れるかなー。


慣れたいぞ。


posted by Amanda at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

吹→倒→吹→倒

(*゚∀゚)ノ{オツ


はいもうタイトルのとおりです.....


『〜A-Go-Go』.....一回吹くごとに倒れてるAmandaサンがいます il||li _| ̄|● il||li


なんでこんなに疲れるんだAmandaサン


ムダなチカラが入っているのか.....(-公-!)


一度、2時間走をしないで吹いてみた方がいいのかもしれまてん(苦笑)


そして、前回のレッスンで「ここは切って、ここはつなげて.....」というカンジで決めたアーティキュレーションを練習してはみたものの、なかなかはかどらない。規程テンポにまで届かないのー(泣)「こんなのムリー(lll´Д`)アヒー」とか言いもって、2時間半の練習を終えまちた....


はー、ちかれるわー(そればっかり・笑)
posted by Amanda at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

自分だけじゃわからんねー。

( ´∀`){ドーモー


レッスンで初めて『Sax-A-Go-Go』をやりました。


うぬぬぬぬ〜〜〜(-公-!)


まだ初回なので、「とりあえずなんとか吹ききったよね」の状態で当然かなとは思うんだけど。


いやーしかし、難しいねー(;´Д`)ノ


あーゆー曲は、勢いだけで吹くもんだと、そういう考え方が自分の中に(多少)あったワケですよ。でも、細かく譜読みをしていくと、決してそうではなくて。これっくらいの(←小指ほどの小さい)箇所にも、アーティキュレーションの大切さが存在するんですよねー。まっ、勢い一辺倒でダーッといってしまっても、それはそれでいいのかもしれないけど、音同士を意図的につないだり切ったり、ちょっとしたひと工夫で、さらに雰囲気がビシッと引き締まる、と言うか。


別にそれはこの曲だけでなく、同時並行で練習しているswingのエチュードにも当てはまるワケで。


こういう細かいトコって、自分がちゃんとできているのかどうか、スゴくわかりにくい。知らんうちに変なクセがついてたりとか、やってるつもりでもできてなかったりとか。


なので、やっぱり、第三者(=センセイ)の目でチェックしてもらうのって、スゴく大事なんやなあって、思います。


自分ではできてるつもりでも、「できてない」って判断されてしまって、「えー、やってる(つもりな)のにー(´;ω;`)」って、ヘコむ時も度々(苦笑) でも、「できてない」って判断されるのは、「やるに足りてない」って証拠だしね。


ダメ出し(というほど厳しいものではないけど)は、自分の栄養になるんやわと思って、消化&納得できるまでじっくり練習しよっと( ´ω`)


もしかしたらレッスン中、イラッとしてるように見えるかもしれないですが、決してそうではなくて。


いただいたアドバイスを自分の中にインプットさせるのんに必死なんです.....(;´Д`)ユルシテー・苦笑

posted by Amanda at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

痛。

( ´∀`){ドモ


週末練習、行ってきました。


とりあえず、『To Love You More』を練習して(←別に課題でもないのに・笑)、だいたい吹けるようになりました♪ と言っても、そんなに細かく音符を読み取らず、CDで聞き覚えたのをベースにして吹いたので、多分、楽譜とはだいぶん違った吹き方をしていると思いますが(;´Д`)ノ




ほんで、さっそく吹いてみました。『Sax-A-Go-Go』




むっさ腹筋痛い il||li _| ̄|● il||li 笑





あのファンクネスを真似しようと思ったら、ものすご腹筋使いますわ.....『Chicken』の時もそうだったけど、あーゆー曲って、想像以上に体力使いますねー。


でもって、この曲は、アタシがサックスという楽器の魅力を知るきっかけになった、とても思い出深い曲。何百回もCDを聞いてきたので、無意識に「あの音に近づこう」としてるんでしょうね。練習なのに(しかも譜読み段階なのに)、気がついたら、ものすごい音量で吹きまくってるAmandaサン。


この日は、いつもどおり、朝イチでエアロのレッスンやって、腹筋のトレーニングやって、2時間走した後の練習だったので、ただでさえ腹筋かなり使いきった状態だったんですよねぇ。で、そこにきてこの曲ですから。『腹筋の鬼』と一部でささやかれている(笑)さすがのAmandaサンも、練習が終わる頃には、お腹がすっかり筋肉痛になってしまってましたとさ llllll(-ω-;)llllll


サックスて、ハードねぇ(何を今さら)

posted by Amanda at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アルト練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする